調剤薬局事務 資格 費用

MENU

調剤薬局事務の資格で働く!

調剤薬局事務画像

調剤薬局事務の正式な資格の名称は「調剤事務管理士」といいます。
調剤薬局事務資格は「調剤報酬請求事務(レセプト作成)」を中心に、事務作業全般を行います。専門的な技能が必要とされながらも資格を取得しやすく、勤務体制や仕事内容も家事や育児と両立しやすいことから、広告やCMでの人気講座ランキングは医療事務講座に続き、2位となっています

 

また人気アイドルグループAKBの横山由衣さんが「資格取得にチャレンジプロジェクト」で、およそ半年間(平均取得期間は約4ヶ月)の学習で調剤薬局事務の資格を取得したことで、さらに注目となった人気の資格

 

具体的な仕事内容

調剤薬局事務の職場とは

 

調剤薬局=薬局です。昔は病院内にて薬局が薬の処方を行っていましたが、国の方針により「医薬分業」という流れとなり、医療は医師が病院で、薬剤は薬剤師が薬局でと分業化が導入されました。

 

これにより、迅速で正確・丁寧な対応サービスを行えるようになり、利用者側にも大きな利便を持たされました。院内での処方を行っているところも未だに存在はしていますが、少数となってきています。

 

では実際、調剤薬局事務の仕事とは社会においてどれくらいの需要性があるのかというと、新しい病院が誕生する数だけ、その周りには調剤薬局も出来ます。そうなると薬剤師だけではなく、調剤薬局事務の存在も必須となるのです。

 

超高齢化社会に突入してからは

 

高齢者のより良い生活を支えるために病院、そして調剤薬局が新設され増加傾向が続いています。超高齢化社会→病院の増加→調剤薬局の増加→調剤薬局事務の増加、と考えられることでしょう。

 

社会で必要とされている需要の高い仕事で、景気にもあまり左右されない安定した仕事です。責任感のある医療機関での仕事を、調剤薬局事務の資格取得で目指してみましょう。

資格取得にはまず資料請求!

資格を取るのなら、数多くある講座の資料を1つ1つ請求して見比べ、そこから自分に合ったものを選ぶ必要があります。ですがその作業はなかなか面倒で、資料を見ただけで満足してしまうことも…(^^;
そこでおすすめなのが、簡単に講座比較や資料請求が一括でできる資料請求サービスの利用です。

 

Brush学びなら、全国の講座資料を簡単に取り寄せることができます!もちろん利用は無料ですので、活用して少しでもお得に資格を取得しましょう!がんばってo(^∀^)o

 

まずは無料の資料請求

調剤薬局事務 資格

 

調剤薬局事務の資格費用を格安に

調剤薬局事務の資格を目指すにあたって、物質的に問題となってくるのが費用の準備ですね。
経済的にできるだけ費用のかからない講座で資格を取得したい場合もあるでしょうし、経験や知識は十分にあるので転職の際の強みとするべく資格を取得したいから安く簡単に済ませたいなど、理由ま様々あれど出来るだけ安くしたいと思うのが当然だと思います。

 

資格の種類によっても費用の差はありましたが、学校やスクールによっても費用の差はあります。その学校でのみ行っている割引や免除、紹介制度などでさらに費用をお得にできることもあります。

 

調剤薬局事務の講座費用は、約2万円〜8万円ほどが相場です。価格にはそれぞれの理由がありますから、しっかりとカリキュラムの内容や学習ペースなどを資料で比較し、納得したうえでの選択をしましょう。

 

学習期間により金額も左右されることでしょう。平均の学習期間は、最短3日間〜半年程で講座により違いがあります。1年間保証制度など、在籍期間中に自由に休学・復学できるような制度もありますので、必要とされる方はそういった点も確認しておくと良いでしょう。

 

教育訓練給付金

 

講座修了後に講座費用の20%(上限10万円)が国から給付されるという制度です。給付を受けるためには、厚生労働大臣の指定を受けている講座を受講する必要があります。自分が受けたい講座は給付金制度に対応しているのか、対応している場合はどうすればもらえるのか、事前に確認しておきましょう。

 

単純な安さだけで講座を決めるのも良いですが、やはり自分がしたい仕事を明確にし、講座の条件などもしっかり把握した上で選ぶようにすると間違いはないでしょう。とりあえずは、講座資料の無料請求サービスを利用して、講座の特徴を把握してみることが第一歩なのです。

 

調剤薬局事務資格を合格する

調剤薬局事務 資格

 

 

調剤薬局事務の資格で就職できるのは?

 

「調剤薬局事務の仕事に就きたい。ではどこで何から始めればいいのか?」

 

 

憧れの調剤薬局事務の仕事へのはじめの一歩としては、調剤薬局事務という仕事をきちんと理解し、それにあった自分の目標とする職場、そこにはどのような資格やスキルが必要なのかを探すことが第一の段階と言えるでしょう。
ただ単に「まず資格を取得しておけば転職に有利だし何かの役に立つでしょう」と安易に考えておはいけません。

 

どの仕事においても言えることなのですが、どの仕事場でもその道のプロフェッショナル・専門家がいます。見たり聞いたりしているだけで簡単に理解できない、実際に現場で働く経験者だけがわかる“厳しさややりがい”というものがあるのです。

 

調剤薬局事務で働く方々も、受付での笑顔は「患者さんへの安心感と、お大事にしてください」の気持ちを伝える受付マナー教育を受けてのことですし、子育て中でも仕事ができる午前勤務とは「その時間内に終えられる能力がある」からこそ出来ることなのです。

 

まず調剤薬局事務を目指すうえで選択しなければいけないことは、自分が働きたい職場探しです。調剤薬局事務の資格があれば、以下のような職場が選択肢としてあがります。

 

  • 病院
    病院内に併設されている薬局の調剤事務です。基本の調剤事務の仕事の他に、病院の場合は患者とのコミュニケーションがより重要になってきます。
  •  

  • 調剤薬局
    全国的に調剤薬局が増加しています。医薬分業の基準により、医療機関(病院・クリニック)とは別に調剤薬局が設けられています。
  •  

  • ドラッグストア
    調剤薬局同様、全国的に増加傾向であります。ドラッグストアの中には調剤薬局を併設しているところも多く、またスーパーの内部に調剤薬局を併設しているところも増えており、こちらも職場の選択肢となります。
    またドラッグストアの場合、取り扱っている市販薬に関する知識も必要になります。客の問い合わせに応じた案内や、商品に関する知識の提供も必要となるでしょう。

 

調剤薬局事務の就職活動を行う際には、こうした職場ごとの傾向や特徴も踏まえた上で選んでいくことが重要になってきます。自分にとって最適な職場を探すよう心がけましょう。
ドラッグストアなどでは市販薬に関する知識も必要になりますので、お客様の問い合わせに応じての案内や、商品に関する知識を提供できるようにしておく必要があるでしょう。

 

実のところ、調剤薬局事務の仕事は薬剤師や看護師とは異なり、仕事に就くために特定の資格を取得する必要はありません。

 

しかしニーズの高まりとともに、経験やスキルを今まで以上に求められるようになってきています。実務経験を積んでいる人でも資格取得でさらなるスキルアップを目指していかなければ、調剤薬局事務のニーズに対して不利となってしまうこともあります。

 

調剤薬局事務の主な仕事である「レセプト処理」「患者様の受付・接待」「処方箋の入力・データ管理」「薬歴簿の作成」「会計」のスキル向上のために、資格取得が目的ではなく、あくまで自分のレベルアップとして捉えてチャレンジするのが望ましいでしょう。

 

 

調剤薬局事務の給料・収入・年収

調剤薬局事務として働きたい、けれども

 

「お給料はどのくらいもらえるの?」

 

 

「調剤薬局事務の仕事へ転職したいけれど今の仕事より収入は減ってしまうの?」

 

 

「経済的に十分な生活はできるの?」

 

 

現実的な問題として収入面についてもあらかじめ納得した上で、就職や転職に臨まなければなりませんよね。

 

調剤薬局事務の1ヶ月の平均給料

 

平均14万円〜20万円(正社員)、平均800〜1,000円(派遣・パート・アルバイト)

 

調剤薬局事務の平均年収

 

平均300万円〜400万円(正社員の場合の賞与を含む)

 

月末などはレセプトの整理等で残業などとなる場合が有り、そうなるともう少し収入は上がるかもしれません。ですが残業の扱いに関しては職場によって異なるので、確認するようにしてください。

 

都市や地方の物価による基本給の差や、病院やクリニックの規模の大きさにより賞与の率は変わってきます。また資格を持っていると給料に有利に働くのかというと、調剤薬局事務の資格を持っているからといって給料に資格手当がプラスされるということは、残念ながら基本的にありません。

 

唯一例外をあげると、調剤報酬請求事務専門士1級の資格取得をしていると、昇給となる薬局もあるそうです。調剤報酬請求事務専門士1級は合格率15〜20%の超難関資格として医療現場に認識されているので、希少価値が高いことが理由なのでしょう。

 

調剤薬局事務の給料は、医療機関の仕事の中では低い方というのが現状であるかもしれません。それでも人気の職業となっているのには、仕事内容が限定されている、勤務時間帯に融通がきく、人間関係…など、実際に働いてみると理由があるものです。
給料が低いからと言って諦めるのではなく、自分がどう働きたいかをしっかりイメージしていくことが重要です。

 

 

調剤薬局事務資格の合格率・難易度

人気の調剤薬局事務資格の合格率と難易度はどれくらいなのでしょうか?

人気アイドルグループAKB48の横山由依さんがチャレンジ企画として、調剤薬局事務の資格を受験し見事合格したことで一躍有名になったことから、忙しく活躍しているアイドルでも見事合格が出来たということが証明されていましたよね。

 

調剤薬局事務試験の魅力として、時間に余裕がない人にも嬉しい「在宅受験」が可能なことがあげられます。試験はテキストを見ながらの受験が可能ですし、細かな数字を暗記し勉強するという手間も省けます。

 

以上のことから、資格取得の難易度的には易しいということが言えそうです。

 

調剤薬局事務の資格にも何種類かあり、それにより難易度も多少異なります。では各種類ごとの難易度と合格率を見てみましょう。

  • 調剤事務管理士
    実技試験70%以上、学科試験70点以上が合格ラインです。両方共合格基準を満たすことで合格となります。合格率平均は55.2%となっています(2009年度認定試験結果)。
  •  

  • 医療保険調剤報酬事務士
    通信講座を受講し、全3回の試験合格で修了検定試験の受験資格を取得できます。その後医療保険調剤報酬事務士試験に合格すれば、医療保険調剤報酬事務士の資格取得ができます。
    標準受講期間4ヶ月、受講延長期間は1年。受験料は初回無料で、2回目以降は4,000円です。
  •  

  • 調剤報酬請求事務専門士
    知名度もある調剤薬局の事務資格であり、調剤薬局事務の資格中、最も難易度の高い資格です。1〜3級まであり、合格率は1級20%、2級40%、3級60%ほどとなっています。

 

以上の資格は比較的難易度が高いもので、その他にも各講座やスクールで開設しているものの中には、受講終了とともに「修了証」が認定されるなど簡単に取れるものも多くあります。
調剤薬局事務の資格は民間の資格であり、資格がなくても仕事はすることができます。ですがやはり資格取得を目指すことでスキルに有利になったり、自分への自信へとなります。それに無資格である人より、資格があった方がかっこいいですよね!

 

是非資格取得にチャレンジして、調剤薬局事務員として活躍していただければと思います。

 

調剤薬局事務資格を合格する

調剤薬局事務 資格

 

調剤薬局事務の資格は通信制と通学制ではどっちが良い?

調剤薬局事務の資格取得には、通信教育で在宅学習での勉強と、学校や養成校に通い通学学習での勉強があります。自分の都合や環境によりそれぞれにメリット・デメリットがあるわけですが、このふたつのメリット・デメリットを比較してみましょう。

 

通学制のメリット

 

  • 通学日数平均約3日間(15時間)で薬剤の知識を身に付け、資格試験合格のための実力を集中学習できる。短期間で医療機関で働ける調剤薬局の知識を取得できるので、すぐに資格が欲しい方に便利。
  •  

  • 専門の講師とのやりとりがリアルタイムで出来る。
  •  

  • 直接指導のスクリーングで実践への自信につながる。
  •  

  • 共に学ぶ仲間ができる。

 

通学制のデメリット

 

  • 通学時間や交通費がかかる。
  •  

  • 家事や育児、現在就職中などの場合は時間に余裕がとれない。
  •  

  • 通信制に比べ若干の割高である。

 

 

 

通信制のメリット

 

  • 自宅での学習と終了受験が可能。自宅ではテキストを見ながらの受験が可能なので、細かい数字の計算や暗記問題などの時間がかかるものも手間が省け、時間の短縮へと繋がります。
  •  

  • 好きな時間に好きな場所で学習が出来る。
  •  

  • リラックスした自宅での学習が可能。
  •  

  • 通学制に比べ若干の割安である。

 

通信制のデメリット

 

  • 専門講師の指導が直接受けられない(リアルタイムではない)。
  •  

  • 自分で学習のペースを作れなく怠惰になってしまうとマズい。
  •  

  • 共に学ぶ仲間が作れないので、モチベーションの維持が難しい。

 

それぞれのメリット・デメリットを比較し、その中で自分に当てはまるものがどこに多くなるか?自分に一番良いと思える学習環境で、人気の調剤薬局事務の資格取得を目指してみましょう。

 

調剤薬局事務を独学で学ぶ場合

時間をかけてゆっくりと学びたい、又は経済的に費用をかけられないが資格の取得を目指したい場合などは、調剤薬局事務の資格を学校や養成校、講座ではなく独学で学ぶことを考える方もいるでしょう。

 

けれども独学で資格の取得を目指す場合には、勉強方法に悩むことでしょう。調剤薬局事務が注目されるようになったのはここ数年です。そのため、試験対策用テキストや過去問題集などの教材が数少なく十分に揃っていない現状です。この限られた教材や資料での勉強方も至難の業ともいえるでしょう。

 

数少ない市販のテキストや過去問題集などを購入しを独学での勉強に臨むのならば、通信講座をうまく活用し効率よく学んでいくことをおすすめします。通信講座と独学は、勉強環境もほぼ同じく進めていくことができ、仕事や家事・育児など自由な時間を作れない方でも無理なく学習をすることができます。また資格の中には、講座を修了することが資格取得の条件となっているものもあります。その場合は諦めて講座を受講しなければ、資格取得はできません。

 

どうしても“独学で資格取得”ということにこだわるのであれば、まずどの調剤薬局の資格を取得したいいのかを選択してみましょう。調剤薬局事務の資格にもいくつか種類があり、それぞれ難易度や受験回数、受験資格などが異なります。

 

また独学で調剤薬局事務の資格を取得した方がインターネット上のブログなどで公開しているという例もいくつかあるようですが、このようなソーシャルコミュニケーションを広げて参考にしていくのも新しい方法なのではないでしょうか。

 

独学での学習となると自分のペースで勉強でき、通信教育にある「○ヶ月以内に受講を終了」という期限が決まっていません。どんなにマイペースにのんびり勉強していてもよいということです。

 

ですが調剤薬局事務が扱うレセプトは2年に1度の改定があり、あまりにのんびりと勉強をしていると古い知識を勉強していた!ということにもなります。医療の現場は常に新しい知識の入れ替わりといわれていて、それを認識したうえで勉強の計画を立てていくよう心がけて下さい。

 

調剤薬局事務資格講座の口コミ

今人気の調剤薬局事務。医療、福祉の仕事がしたい人がついたり、現在薬局で働きながらこの資格取得を目指す人まで様々です。
調剤薬局事務の資格をとるのに一般的なのが通信講座が挙げられます。
各社とも、レセプト作成の勉強が主になってくるので逆にどこを選んで良いかわからないということもあるでしょう。料金、期間、教材の使いやすさなどで選ぶことになるので実際受けた人の口コミをまとめてみましたので参考にどうぞ!

 

  • ユーキャン

    ユーキャンは勉強時間を45分〜1時間に設定してあって、主婦や働きながら資格を取得したい人向けに教材ができています。
    子どもが学校にあがったのをきっかけに勉強を始めた私にはとても助かりました。

     

    女性の口コミ画像


  • ヒューマンアカデミー

    私は親の病気がきっかけで薬局で働きたいと思って資格取得を目指しました。
    ヒューマンアカデミーを選んだのは、現場中心のテキストだと聞いたからです。医療用語なども自然に身について、現場で困らないように勉強できました!

     

    女性の口コミ画像


  • がくぶん

    即戦力のある人材を!というのががくぶんらしく、現場で役立つ勉強ができました。医療保険の制度から調剤、レセプト、色々なことを専門的に学べます。
    今、働き始めて半年になりますががくぶんで勉強したことはすぐに活かせて仕事でしています。

     

    女性の口コミ画像


 

調剤薬局事務 資格