マクロビ 資格

MENU

マクロビっていったいなに?

最近巷で「マクロビ」という言葉を多く耳にします。メディアで取り上げられているのもそうですが、東京などでは「マクロビ」を大々的にお店の売りにしているカフェなども目にします

 

でもマクロビがどういったものか実はよく知らないという人も多いと思います。いったいマクロビってなんなのでしょうか?

 

マクロビとは?

 

マクロビ 食事

マクロビとは「マクロビオティック」の略です。マクロビオティックとは簡単に言ってしまえば、野菜や穀物、海藻などの日本食を中心とした食事をとり、健康的な暮らしをするための考え方です。

 

このマクロビの提唱者は、桜沢如一(さくらざわ ゆきかず)という方です。マクロビには2大原則が存在します。

 

「身土不二」

 

「一物全体」

 

 

この2大原則を中心として考えられた食事療法がアメリカなどで話題になり、日本でもマクロビが大きく取り上げられるようになったのです。

マクロビには、その知識や技術を証明するための資格も存在し、今このマクロビの資格を取ろうとする方が増えています。

 

マクロビを活かした仕事

マクロビは簡単に言ってしまえば食事法です。そのため食品を取り扱う仕事をしている場合、マクロビを活かせる可能性が大きいです。

 

ただしマクロビの資格は民間資格になります。国家資格とは違うため、「マクロビの資格を保有していることが、就職するための条件になります」というような仕事は今のところ存在しないようです。あくまで、「食品を取り扱う仕事の中でマクロビを活かす」という考え方になるでしょう。

 

どんな場所で役立つのか?

 

食品を取り扱う仕事をしている場合、マクロビを活かせる可能性が大きいと先ほど書きました。つまり食品に関係している仕事や場所であれば、マクロビを役立てることができるのです。

 

  • 食品業界
  • 教育施設
  • 福祉・医療業界
  • 個人で開く料理教室
  • セミナー
  • 本の出版

食に関する仕事であれば、お店や企業の方針、考え方次第でマクロビをいくらでも役立てることができます

 

また仕事に限らず普段の食生活を見直したりするためにマクロビを取り入れる方もとても多いです。

マクロビの需要

マクロビの人気は、海外のスターがその食事法を取り入れていることが話題になったことがきっかけのひとつです。そのため女性の中にはマクロビにとても興味を持っている人が多いです。

 

健康的な食事

またマクロビの考え方には「その土地で獲れたものをその土地で消費する」という地産池消の理論も入ったりしています。そのため上辺だけの人気ではなく、実際にマクロビの考え方や食事法を支持する人もとても多いんです。

 

食に関する仕事であればマクロビを活かせる方法は様々あります。

 

現在関東などではマクロビを取り入れたお店が多く出店されていますが、地方などではまだまだ浸透していません。これからさらにマクロビは普及していき、それに伴い需要は広がっていく事

 

>>>マクロビ 資格取得の最初の一歩は無料の資料請求

 

マクロビを学ぶためには?

マクロビに興味をもったけどどうやって勉強したらいいかわからないという方も多いでしょう。ここではマクロビを学ぶ方法をひとつずつご紹介していきます。

 

独学

マクロビ 独学

まず最初に独学という方法があります。これは文字通り独りで学ぶ方法です。

 

マクロビに関する書籍はたくさん出版されています。そのため、マクロビを自分の生活に活かしてみたいということであれば独学でもマクロビの知識や料理法などを学ぶことができます。

 

しかし、マクロビの資格を取得したいという場合は独学は向きません。

というのもマクロビに関する資格は民間資格であり、資格を発行する協会や団体が指定する講座やプログラムを受講しないと資格認定試験を受験することができない場合がほとんどなのです。

 

料理教室、セミナーに通う

料理教室

料理教室やセミナーに通いマクロビを学ぶことも可能です。
ただし、確かにマクロビは人気はありますが、教育という面ではまだ世間全体に浸透しているものではありません。

 

東京などの関東圏であれば多く料理教室やセミナーが開催されていますが、地方では開催されている料理教室やセミナーはそこまで多くはありません。近くで料理教室やセミナーが開催されているのであれば、これもマクロビを学ぶための一つの良い方法でしょう。

 

料理教室やセミナーによって資格を取得できる場合と、ただマクロビの知識やレシピを学ぶだけの場合など様々あるのでしっかりと確認しましょう。

 

通信講座・通学講座

この方法が初心者がマクロビを学ぶ方法としては一般的なのではないでしょうか?

 

通学講座

 

通信講座

 

講座にはこの2種類の方法があります。

 

通学の場合は

 

実際に調理実習があったり、直接講師の方から学ぶことができるので分からない点があればすぐにその場で疑問を解決することができます。

 

通信講座の場合は

 

近くに通えるスクールがなくても、自宅にいながら自分のペースで勉強することができます。
講座によっては資格取得をすることも可能です。

 

どの方法がいいのか?

いくつかマクロビを学ぶ方法をご紹介しました。どの方法がいいのかというのは、本人がどの程度マクロビを学びたいのかという部分で変わってくるでしょう。

 

資格はいらないなら

 

自分の食生活にマクロビを取り入れたいというのなら独学でも知識をつけることはできます。しかし、資格を取得して仕事に活かしたいというのであれば、料理教室やセミナー、講座の受講をする必要があるでしょう。

 

さきほども書きましたが、マクロビを学ぶことができる場所はまだ決して多いとは言えません。そのため地方などにお住みの場合は講座で学ぶことが多くなるかもしれません。

 

マクロビについて全くの初心者だけど資格をとりたいという方には通学、もしくは通信講座がおすすめです。

通学、通信講座で学んでさらに深い知識を身につけたいと思ったら、協会や団体が主催するセミナーや料理教室に足を運んでみてもいいでしょう。

 

通学や通信講座を調べる場合には

 

マクロビ 通信講座

「ブラッシュ学び」というサイトを活用するといいでしょう。
このサイトでは、全国で開催されている通学、通信講座を調べることができ、また気になる講座があれば無料で資料請求をすることができます。

 

ブラッシュ学びを上手に活用する事により自分に一番合う講座がわかりますので(^-^)

 

まずは無料の資料請求

マクロビ 資料請求

 

マクロビの資格を取得するために必要な費用・期間は?

資格を取得する際にはかかる費用や期間も気になりますよね。ここでは資格取得にかかる費用と期間についてご紹介します。

 

資格取得をするためには

 

講座を受講する方法か、料理教室やセミナーに参加する方法があります。今回ご紹介するのは多くの方が利用している講座を受講した場合の費用と期間です。

 

費用について

まずは費用の面からみていきましょう。
講座の種類は大きく分けて2種類。通学か通信講座です。

 

通学の場合

 

通学の場合は、取得する資格やプログラム内容によって大きく費用に差が出てきます。最も安いもので108,000円から取得可能ですが、高いものだと250,000円ほどかかる講座もあります。

 

費用が安い講座の場合は期間も短く、比較的容易に資格取得が可能な場合が多いです。逆に費用が高い場合は期間も長く、試験などの難易度もその分高くはなりますが、それだけの知識や技術を見つけることができます。

 

通信の場合

 

通信で学ぶ場合はそこまで費用に大きな差はありません。最も安いもので40,000円から資格取得が可能です。

 

通学と比べて費用を安く抑えることができるのも通信講座のメリットですね。

 

期間について

続いて資格取得にかかる期間についてです。

 

通学の場合

 

通学の場合は最短で2日で取得できてしまう資格もあります。長いものだと半年以上かかるものも存在します。

 

とは言ってもマクロビの通学講座の場合、毎日スクールに通わずに土、日だけスクールで勉強をする「土・日集中コース」や「水曜日集中コース」などもあります。こういったものだと期間は長くなりがちですが、その分ある程度自分の仕事などの予定に合わせて取得できるので便利ですね。

 

通信講座の場合

 

通信講座の場合は、4カ月ほどで資格取得可能な講座が存在します。スクールには通わないので少し期間が長く設定されていますが、その分自分のペースで勉強できます。

 

マクロビの資格を取得したいけど近くに料理教室やセミナー、スクールがないという人は、必然的に通信講座を選ぶことになるでしょう。

 

マクロビの資格は民間資格であるため

 

資格の種類がいくつかあります。そのためどうしても一言で「費用はこれくらい!期間はこれくらい!」というように言うことはできません。

 

「ブラッシュ学び」というサイトでは、色々な講座の費用や期間を簡単に調べることができ資料の無料請求もできるので、通学や通信講座で学びたいと考えている場合はぜひ利用してみてください。

 

まずは無料の資料請求

 

 

 

 

マクロビ資格の難易度・合格率は?

難易度・合格率は?

マクロビに興味がある方の中には、資格取得を考えている方も多いでしょう。そんな方にとって、資格取得の難易度は気になる部分だと思います。

 

マクロビ関連の資格は「民間資格」

 

まず初めに覚えておいてほしいことがあります。それはマクロビに関する資格はすべて「民間資格」であるということです。

 

民間資格というのは

 

簡単に言えば企業や団体が試験を実施したのち認定を行う資格です。

 

みなさん、国家資格という言葉は聞いたことがありますよね。国家資格は法律に基づいて資格試験が行われます。つまり国家資格というのはその名のとおり国が与える資格なんです。

 

民間資格は企業や団体がそれぞれの判断のもと与える資格であり。国家資格は国が法律に基づいて与える資格ということになります。

 

民間資格と国家資格という面で見る難易度の違い

一概には言えませんが国家資格と民間資格を比べた場合、圧倒的に国家資格のほうが難易度は高いといえるでしょう。

 

こういった面から考えると、マクロビ関連の資格はすべて民間資格であるため、国家資格の取得と比べると難易度は低いといえます。

 

マクロビ関連の資格の難易度・合格率

マクロビ関連の資格はいくつかあります。そのため一様に「マクロビの資格は難しい!簡単だ!」というようなことは言えません。また合格率なども公表されていないのが現状です。

 

ひとつマクロビ関連の資格を例にあげます

 

「クシマクロビオティック・コンシェルジュ」という資格

この資格を取得するためには、2日間の養成講座に通いマクロビオティックスの視点から食べ物の知識や調理方法などを座学で学ぶ必要があります。そして、二日間の講座の最後に試験がありこの試験に合格することで「クシマクロビオティック・コンシェルジュ」の認定証をもらうことができます。

 

この資格の場合、必要になる期間はたったの2日間だけです。2日間の座学ののち試験をうけることになるので、そこまで難しい試験ではないでしょう。

マクロビオティック検定A級・S級というものもあります

このように段階を設けてステップアップをしていくタイプの資格検定は、当たり前のことですが徐々に難易度がアップしていきます。

 

マクロビ関連の資格は民間資格のため、国家資格と比べれば難易度は低いですがマクロビ関連の資格同士を比べると難易度にはばらつきがあります。

 

自分の目的にあった資格を選ぶことが大切ですね。

 

マクロビを活かした仕事のお給料は?

お給料

マクロビの資格取得を考えている方にとって、マクロビを活かした仕事のお給料も気になる部分だと思います。今回はお給料についてのお話をしたいと思います。

 

マクロビはそもそもどんな仕事に活かせる?

 

マクロビの資格は様々な仕事に活かすことが可能です。マクロビは食事法についての知識やレシピなどを学ぶものです。そのため食事に関係する仕事であれば考え方と条件次第ではいくらでもマクロビを活かすことができます。

 

ですがマクロビの資格を採用の条件に挙げている求人は現時点でほとんどありません。

あくまでマクロビの資格は、今している仕事、もしくはこれからする仕事にプラスαで役立つものと考えたほうがいいでしょう。

 

マクロビを活かした仕事のお給料

さきほども言ったようにマクロビの資格は食事に関する仕事であれば、色々な部分で活かすことができます。そう考えるとマクロビを活かすことのできる仕事の種類は本当に多岐にわたります。

 

そのため今回はマクロビを活かすことのできるいくつかの仕事の平均月収をご紹介します。

飲食店

 

最近では、カフェなどでマクロビを取り入れた料理をメニューに加えているお店、またはマクロビ専門店なんていうお店も出ています。こういった飲食店の正社員の平均月収は20〜21万円ともいわれています。

介護福祉士

 

介護の現場でも利用者さんの食事にマクロビを活かすことができます。介護福祉士の正社員の平均月収は15〜17万円ともいわれています。

保健師

 

保健師の仕事でもマクロビを取り入れることは可能ですね。保健師の平均月収は30〜32万円ともいわれています。

料理教室の講師

 

料理教室の先生でもマクロビを活かすことができますね。マクロビは女性の間で人気が高まっているので、教室への参加者も多いのではないでしょうか。料理教室の講師の平均月収は16万円ほどともいわれています。

 

ここで紹介した仕事はほんの一例であり、またその平均月収はあくまで例です。

 

マクロビを活かしたから紹介した月収になるというわけではありません。

 

マクロビを最も活かせるお仕事は?

マクロビを活かせる仕事

ここまでで分かるように本当にマクロビはいろんな仕事で役立てることができます。しかし、仕事によって役立てることができる範囲は本当に違ってきます。

 

そんな中で最もマクロビを仕事に役立てることができるのは、独立をした飲食店や自宅などを使って行う料理教室の講師ではないでしょうか?会社や企業に勤めている場合、マクロビを活かそうと思っても会社や企業の理念や規則によって上手く活かせない場合も多いでしょう。

 

自分が経営しているお店や料理教室なら自分が好きなようにマクロビを活かすことができます。それこそマクロビ専門のカフェを作ってもいいでしょうし、マクロビフードの料理教室を開いてもいいでしょう。

 

マクロビの資格を上手にお仕事に反映させてお給料アップを目指すといいかもしれませんね。

 

 

マクロビを独学で身につける方法

色々なメディアで取り上げられたマクロビ。それを見てマクロビを学んでみたいと思った方は多いのではないでしょうか?

 

どんなことでもそうですが、なにかを新しく始めたいと思った場合「習う」か「独学」という方法のどちらかをとることになります。「習う」というのは、マクロビの場合講座を受講したり、料理教室やセミナーに通うことを意味します。「独学」は言葉のとおり一人で学ぶということですね。

 

マクロビは独学で身につけることができるのか?

そもそもマクロビは独学で身につけることができるのでしょうか?

 

結論から言えばできます。

マクロビの理論はそこまで難しいというものではありません。ある一定までの知識でいいというのであれば独学でも構わないでしょう。

 

マクロビを独学で身につける方法

マクロビを独学で身につける場合、必ず参考にする本が必要になります。マクロビに関する書籍はたくさん出ています。
理論に始まり、レシピ集など…。マクロビを独学で身につける際に不自由することはないでしょう。

 

基本的な流れは

 

本でマクロビの基本的な理論を学んで、あとは学んだ理論を元に実際に料理を作ってマクロビを自分の生活に取り入れていくのが一般的な方法でしょう。

 

マクロビ独学のメリット

マクロビを独学で身につける場合のメリットは

 

・お金があまりかからない

 

・好きなペースで学べる

 

 

という点ではないでしょうか。

 

マクロビを学ぶために講座を受講しようとすると最低でも4万円ほど費用がかかってしまうようです。しかし、独学であれば本の購入費用しかかかりません。本も1,000円から2,000円ほどで購入できるでしょう。

 

また独学の場合完全に自分の好きなペースで勉強することができます。お仕事をされている方はもちろん、主婦のかたなどにとってもこれはありがたいですよね。

 

マクロビ独学のデメリット

マクロビを独学で身につける場合のデメリットは

 

・資格を取得することができない

 

・頼る人がいない

 

 

という点ではないでしょうか。

 

まずマクロビを独学で身につけても資格を取得することはできません。というのもマクロビは民間資格であり、どの資格を取得するにも必ずそれぞれの団体などが指定する講座やセミナーを受講しなければいけません。そのセミナーを受講して初めて試験を受けることができるようになるのです。

 

そのためマクロビの資格をとりたいと思っているなら、独学ではなく講座やセミナーを受講する必要があるんです。
もちろん最初に独学でマクロビというものがどんなものなのかを知ってから、さらに理解を深めるために講座やセミナーを受講するというのもひとつの手でしょう。

 

独学の場合頼れる人がいないというのもデメリットのひとつでしょう。どうしても独学をしていると理解できない場所なども出てくるでしょう。そういったときに、周りに講師の先生などがいないとそこでつまずいてしまい、独学を諦めてしまうこともあるでしょう。

 

マクロビの資格を取得したいのなら講座やセミナーを受講する必要があり、

 

自分の生活の中だけでマクロビを取り入れたいと考えているなら独学も一つの方法でしょう。

 

マクロビ資格取得後の就職先は?

マクロビの資格を取得した後、その資格を活かして就職をしたいと考える人は多いかもしれません。しかし、残念ながら「マクロビ」の資格を所持していることを採用の条件として挙げている求人はほとんどありません。

 

またネットでマクロビに関する求人を検索しても、マクロビを取り入れたメニューを扱っている飲食店の求人がいくつか出てくる程度です。

 

これはマクロビそのものがまだ世間に広まっていないということが原因のひとつでしょう。ですが世間に広まりきっていない今だからこそ、マクロビの資格を活かすことも可能です。

 

求人自体はそこまで多くは出ていませんが、マクロビの資格を持っているということが就職の際のひとつの強みになることもありますし、すでに食に関する仕事に就いている人にとってもマクロビの資格を仕事で活かすことはできるでしょう。

マクロビを活かすことのできる仕事

マクロビは食に関する仕事であれば、様々な形で活かすことができます。

 

飲食店では

 

メニューにマクロビを取り入れて女性のお客様を呼び込むことができるでしょう。介護施設では利用者さんの食事にマクロビを取り入れることもできますし、料理教室を開けばマクロビフードを生徒のみなさんに教えることができます。

 

色んな食に関するお仕事に役立てることができるのがマクロビの資格なのです。

 

マクロビを活かした人達

マクロビの資格は色んな食に関するお仕事に役立てることができると書きましたが、実際にどのように他の人が役立てているのか気になりますよね。ここでは少しだけマクロビの資格を活かした人の経緯を紹介します。

 

美を追求した結果、料理教室を開講!

 

この方はもともとネイル教室やアロマ教室を開いていました。元から美容に関する意識が高かったようで、様々な美容に関する資格を取得したりしていました。

 

そんな中、食の面から美を考えた際にマクロビに出会ったそうです。実際にマクロビに興味をもって資格を取得、その後は自分で料理教室を開いてたくさんの女性にマクロビの素晴らしを伝えているそうです。

 

マクロビ飲食店を紹介!

 

この方はもともとマクロビに興味があり、マクロビを取り入れた飲食店を巡り歩いてネットで紹介をしていたそうです。最初こそ独学だったものの、実際にお店に通う中で自分自身もマクロビをしっかりと学んでお店を紹介したいと考えて資格取得に踏み切ったそうです。

 

薬剤師でもマクロビを活かして!

 

この方は薬剤師としてドラッグストアに勤務していたそうです。そんな中、人間には欠かせない食の面から健康にアプローチをしてみたいと考えました。その結果マクロビに行きつき、資格も取得したそうです。

 

普段はドラッグストアの健康相談の窓口でお客様に対応しているとのこと。その際に、マクロビの知識も役立ててお客様とのコミュニケーションを図っているそうです。

 

マクロビの資格自体が就職に大きく役立つという場面はまだまだ少ないのが現状です。
しかし、マクロビを活かす方法はたくさんあることが分かっていただけたのではないでしょうか?

 

みなさんもマクロビの資格を取得して、自分なりの活かし方を見つけてみてはいかがでしょうか?

 

ヒューマンアカデミーの通学講座

マクロビの資格を取得するためには、スクールの講座を受講する方法がおすすめです。今回はいくつかる講座の中からヒューマンアカデミーが開講している通学講座をひとつご紹介します。

 

ヒューマンアカデミーとは?

ヒューマンアカデミーは資格取得やキャリアアップのための総合スクールを全国に展開している会社です。開講されている講座がデザイン系、コンピュータ系、美容系、医療系など幅広く、全国の修了生の数は25万人にものぼります。

 

クシマクロビオティックス・コンシェルジュ(通学)

 

この講座を受講することで、マクロビオティックの基本的な知識を学ぶことができます。講座は2日間で終了し、集中してマクロビの知識を学べることが特徴です。2日目の最後に試験があり、その試験に合格することで「クシマクロビオティックス・コンシェルジュ」の資格を認定してもらうことができます。

 

・費用 108,000円
・日時 月〜日10:00〜21:30 ※開講校舎により異なる
・期間 入学は随時受付 講座の期間は2日間(300分×2回全10時間) 
・対象 初心者歓迎
・目指せる資格 マクロビ・フード・コンシェルジェ
・開講場所 

 

北海道
・札幌校 北海道 札幌市中央区 北三条西2丁目1 NC北専北三条ビル5F

 

東北
・仙台校 宮城県 仙台市青葉区 中央3-1-22 エキニア青葉通りビル7F

 

関東
・銀座校東京都 中央区 銀座2-6-4 竹中銀座ビル4階
・新宿校東京都 新宿区 西新宿7-8-10 オークラヤビル5F
・立川校東京都 立川市 曙町2-10-1 ふどうやビル8階
・横浜校 神奈川県 横浜市神奈川区 鶴屋町2-17-1 相鉄岩崎学園ビル9F
・大宮校埼玉県 さいたま市大宮区 桜木町1-7-5 ソニックシティビル 24階
・千葉校千葉県 千葉市中央区 富士見2-7-5 富士見ハイネスビル3F
・柏校 千葉県 柏市 柏1-4-26 第2藤川ビル5F
・宇都宮校 栃木県 宇都宮市 大通り2-1-5 明治安田生命宇都宮大通ビル 5階

 

甲信越
・新潟校 新潟県 新潟市中央区 万代4-1-11 太陽生命新潟ビル6階

 

東海
・名古屋駅前校 愛知県 名古屋市中村区 名駅3-26-8 名古屋駅前桜通りビル9階
・静岡駅前校 静岡県 静岡市葵区 紺屋町11-4 太陽生命静岡ビル 5階
・浜松駅前校 静岡県 浜松市中区 鍛冶町124 マルHビル5階

 

近畿
・大阪心斎橋校 大阪府 大阪市中央区 南船場4-3-2 御堂筋MIDビル9階
・大阪梅田校 大阪府 大阪市北区 茶屋町1-27 AIG梅田ビル7F
・天王寺校 大阪府 大阪市阿倍野区 阿倍野筋1-5-1 あべのルシアス9階
・三宮校 兵庫県 神戸市中央区 三宮町1-9-1 三宮センタープラザ東館5階
・京都校 京都府 京都市中京区 烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビルディング3階
・奈良西大寺校 奈良県 奈良市 西大寺東町2-1-63 サンワシティ西大寺2階
・和歌山校 和歌山県 和歌山市 美園町5-1-8 山榮ビル8F

 

中国
・岡山校 岡山県 岡山市北区 中山下1-8-45 NTTクレド岡山ビル15階
・広島校 広島県 広島市中区 鉄砲町8-18 広島日生みどりビル1階

 

四国
・高松校香川県 高松市 浜ノ町1-20 COM高松[JR高松駅ビル]2F
九州
・北九州校 福岡県 北九州市小倉北区 浅野1-1-1 アミュプラザ西館8階
・福岡校 福岡県 福岡市中央区 天神1-10-13 天神MMTビル
・熊本校 熊本県 熊本市中央区 城東町2-18 通町ビル7階
・鹿児島校 鹿児島県 鹿児島市 西千石町17-3 太陽生命鹿児島第2ビル1階

 

沖縄
・那覇校沖縄県 那覇市 泉崎1-10-3 琉球新報泉崎ビル6階

 

ヒューマンアカデミーが開講している「クシマクロビオティクス・コンシェルジュ」の講座は、2日間という短期間で資格を認定してもらうことができるためとても人気です。

 

しかし開講場所を見てもらえるとわかるように関東圏以外はほとんどが一つの県に一つ学校が存在するかしないかという状況です。そのため、もし学校に通うことができない場合は他の通信講座を利用するのもひとつの手でしょう。

 

ただし何度も言いますがこの講座はたったの2日間で資格を認定してもらえることができるのです。

 

近くに学校がない場合でも、たった2日で資格を認定してもらえるなら思い切って一番近くにある開講場所まで行って宿泊して資格を認定してもらうというのもひとつの手だと思います。

 

自分にあった方法を選んでみてください。

 

キャリアカレッジジャパンの通信講座

マクロビの資格はいくつかあり、たくさんのスクールが資格取得のためのスクールを開講しています。今回はその中でも通信講座を開講しているキャリアカレッジジャパンの講座をひとつご紹介します。

 

キャリアカレッジジャパンとは?

キャリアカレッジジャパンとは、通信教育に力を入れている会社です。

 

通信講座の場合

 

思うように勉強が進まなかったり、理解がなかなか深められずに試験に落ちてしまう場合もあります。しかし、キャリアカレッジジャパンは試験に落ちてしまった場合の全額返金サポートをしています。また就職・転職サポートなども行っており、通信教育受講者を徹底的にサポートしてくれます。

 

全ての講座に700日の受講期間を設けているので、自分のペースで勉強を進めることができ忙しい人にも安心です。

 

マクロビオティックセラピスト資格取得講座(通信)

 

この講座は、日本能力開発推進協会が認定する「マクロビオティックセラピスト」の資格を取得することができる通信講座です。マクロビの基礎理論にはじまり、食材ごとの知識や調理法、レシピなどを学ぶことができ、その知識は食に関する様々な仕事で役立てることができます。もちろん自分の生活にマクロビを取り入れるためにこの講座を受講する方も多いです。

 

通信講座の場合

 

やはり自分一人の勉強でどこまで理解を深められるかという点が重要になってきます。この講座を受講すると分かりやすいテキストはもちろんですが、
玄米の炊き方や野菜の切り方、美容に効くレシピ、おもてなしレシピなどを収録した実技DVDも送付されてくるので、マクロビについて一人でも理解を深めることができます。

 

また資格取得後には専属のキャリアコーディネーターによる就職・転職サポートも受けることができます。

 

・費用 41,040円
・講座終了までの標準期間約4ヶ月
・送付物テキスト3冊、DVD5枚、「覚えておきたい♪基本のレシピ」1冊(24レシピ)、「カフェ風マクロビごはんレシピ」1冊(26レシピ)、
      添削問題集1冊
・対象 初心者歓迎
・目指せる資格 マクロビオティックセラピスト

 

現時点でマクロビに関する資格を通学で取得できるスクールや料理教室、セミナーは決して多いとは言えない状況です。
「通学で資格を取得したいけど近くに学校がない…。」という人も多いことでしょう。そういった場合には、やはり通信講座がおすすめです。

 

ぜひブラッシュ学びでキャリアカレッジジャパン以外の通信講座も見て、自分に合った講座を選んでみてください。

 

まずは無料の資料請求

マクロビ 資料請求