ブリーダー 資格の費用

MENU

ブリーダーの資格とは?

最近のペットブームで、犬を飼う人もとても増えていますよね。チワワやポメラニアンなどの小型犬や柴犬などの中型犬、ゴールデンレトリーバーなどの大型犬。みなさん、生活や好みに合わせて飼っていらっしゃいます。

 

ブリーダー 資格

犬を飼っていない方もいろいろな種類の犬の散歩に出くわすことも多いのではないでしょうか。そんな犬の繁殖をしているのがブリーダーです。犬を育てて、ペットショップへの流通はもちろん、直接新しい飼い主に引き渡すこともあるようです。

  • 日々の業務としては、犬の交配から出産のサポートをすること、赤ちゃん犬の世話、健康管理などを行います。

 

現在、活躍しているブリーダーの多くは個人経営

小規模のブリーダーですと、細やかな世話がされるので、子犬は愛情を受けて育つことができ大きなメリットとなります。将来的に違う飼い主のもとに行くことのわかっている犬を、自分のペットのように育ててあげることが大切になるようです。

 

ブリーダー講座とはどのような講座でしょうか?

ブリーダー講座って?

ブリーダー講座は

  1. 犬の繁殖や交配
  2. 妊娠、出産について学び
  3. 子犬の育て方
  4. 健康管理について

など知識を得ることを目指すものです。

ブリーダーは決まった資格がなくても従事することができますが、ブリーダーに関する資格を持つことで、就職する場合には有利になってきます。

 

ブリーダーになるにはをぜひ取得したい資格

ブリーダーの資格はあると安心

さて必ずしもブリーダーになるために資格は必要ないのですが、開業する場合には動物取扱責任者としての資格が必要になります。取扱責任者としての資格を取るためにも、ブリーダーに関する資格を取っておくと安心ですね。

 

ブリーダーに関する資格は民間の資格

 

また認定団体も複数存在しますので、どのブリーダー資格を取るのかも重要な事項になってきます。

 

ブリーダーをブラッシュUP学びで無料資料請求

受講する講座や学校を選ぶ場合にも、ブラッシュUP学びと言う動物系の資格講座を一括で資料請求できるサイトがあります。

 

もちろん利用は無料となっているので、ぜひ確認するようにしましょう。

 

まずは無料の資料請求

ブリーダー 資格

 

 

ブリーダーになるには

先ほども記述した通り、必ずしも資格が必要になるわけではりませんが、資格を持っていることにより、説得力があります。

 

最近、劣悪な環境で犬の飼育をしているブリーダーの逮捕なども多く聞きます。ぜひ資格を取得して、流通先などに信用あるブリーダーであることを証明したいものですね。

ブリーダーに関する資格は民間の資格ですので

  • それぞれの団体により資格認定基準、方法が異なってきます。まず一般的には、専門学校などに通って専門の授業を受講することで資格取得を目指すものがあります

通学ならば

実際の現場を見ることや講師の話を聞くこともできるので、イメージもつかみやすく資格も取りやすいですね。

 

しかし通学が難しい場合でも通信講座もある

受講し資格試験を受けることで資格認定を受けることができます。社会人などの場合、通学はなかなか大変ですから通信講座で資格取得できるのは、転職にもステップアップにも役立ちますね。

 

 

ブリーダーの講座費用比較

ブリーダーの講座費用比較

ブリーダー講座を受講する場合、通学か通信講座かにより大きく学費が異なってきます。ここでは、それぞれの相場について見ていきたいと思います。

 

通学の場合

動物関係の専門学校であれば1年間に100万円ほど。高いところでは1年間に約200万円程度かかります。

 

これが年間の学費ですので、2年間で他に様々な経費もかかるため、450万円弱と考えておく必要がありそうです。一口に専門学校と言っても様々な形態がありますから、自分に合った学校を選びたいものです。

 

通信講座の場合

10万円程度で学べるものがほとんどです。なかには5万円以下で受講できる講座もあります。料金を抑えて資格取得を目指すならば、自分のペースで進められる通信講座はとてもおすすめです。

 

おすすめ通信講座

【IPCペットカレッジ】

費用 49800円(一括の場合)
内容 [飼育繁殖科ライトコース]
通信講座標準学習期間…6か月
(受講期間の制限は12か月)

 

・講座学習終了後、認定課題合格によりIPC認定「BREEDER GRADE3 LEVEL1(べテリナリーナース3級)/BREEDER GRADE3LEVEL1TS(準3級)」資格取得となります。
・添削問題が6回分あります。
≪ポイント≫
・初心者から始められます。
・専門講師に質問ができます。
・希望者はスクーリングを受講することができます。(受講費別途)
・上級講座への編入も可能です。

【日本ケンネルカレッジ】

費用 115000円(一括の場合)
内容 [ドッグブリーダー養成専門講座]
通信講座標準学習期間…5か月
(受講期間は7か月延長可能)

 

・講座学習終了後、在宅試験に合格するとJCSA認定[ドッグブリーダー]の資格を取得できます。
・添削課題は5回あります。
≪ポイント≫
・添削問題だけでなく、電話、FAX、メールによる学習フォローを受けられます。
・「ドッグブリーダー」の資格取得後、希望者は実技スクーリングを行い「ドッグブリーダーインストラクター」の資格を取得できます。
・他の資格取得に向けての支援や就職支援、インターンシップ制度も利用できます。

【ヒューマンアカデミー通信講座「たのまな」】

費用 89250円(一括の場合)
内容 [ブリーダー講座]
通信講座標準学習期間…4か月
(受講期間は12か月)

 

・講座学習終了後、JPLA認定[ペット繁殖指導員]の資格を取得できます。
・添削指導は3回受けることができます。
≪ポイント≫
・DVDが充実しており、これを見ながら理解を深め、その後に添削問題に挑戦します。
・資格取得後、就職や開業などの支援を受けられます。(ヒューマンアカデミー校舎で、面接や履歴書の書き方などの指導も受けることもできます。)
・ペットビジネスセミナーに無料で参加もできます。
・資格取得後、希望者は「日本ペット流通センター」の流通システムを活用できるので、すぐに子犬の販売が始められます。
☆流通ノウハウをすぐに活かせるのは強みになりますね!

 

まずは無料の資料請求

ブリーダー 資格