インテリアコーディネーター 資格 費用

MENU

インテリアコーディネーターとは

インテリア

インテリアにより毎日の生活がより豊かで快適に過ごせる様に、住空間を作り出す上でのアドバイスや商品を購入する上でのアドバイスなどを行うのがインテリアコーディネーター。

 

インテリアコーディネーターの具体的な仕事内容としては

 

インテリアコーディネーターは依頼者が住居を新築、改築などを行う際に、依頼者の意見を元に室内に配置する家具を始めとする様々な商品のコーディネートを行い、作り上げていく事が求められます

 

その為、インテリア全般に係る幅広い知識が求められ、家具を始め、照明、カーテン、住宅設備に至るまでの豊富な知識が必要となります。更には建築を始め、商品販売スキルなども必要とされ、単純にインテリアのコーディネートを行うセンスだけでは務まらないものであるとも言えます

 

インテリアコーディネーターの仕事

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターは住まいづくりのエキスパートとしてインテリア、照明、ファブリック、住宅設備などをアドバイスする仕事です。新築住宅やリフォームの際にどんな家に暮らしたいか、どんな設備が欲しいかといった具体的なリクエストを聞き、間取りやサイズを考慮してリクエスト通りの家を作り上げるのがインテリアコーディネーターの仕事

 

特にインテリアに関しては

 

和風、洋風、北欧風など趣味にあわせて小物までこだわるクライアントが多く、クライアントのイメージにそった設備や調度品を選ぶことが必要になります。センスを問われる仕事ですし、打ち合わせが多く納期にも気を配らなければなりませんので、インテリアコーディネーターはスケジュールの調整能力なども必要になります

 

使いやすいキッチンをアドバイスも仕事

キッチン

家の中では家事をする時間が多く、キッチンがいかに使いやすいかによって料理をしたくなるかどうかが左右されるほどの影響力を持ちます。女性ならではの視線を持ち、使い勝手がよく、換気もよく、いつもクリーンなキッチンをキープできるように最新型のキッチンをメーカーごとに熟知しておくなど基礎知識が必要になります

 

また身長によって高さを1センチ単位で変更したり、収納スペースを考慮したり、配線や動線に配慮するなど細かい気配りが必要となります。材質の特徴を知り、使い勝手によっては向き不向きを判断してアドバイスをしなくてはならないなど、クライアントの趣味ばかりを優先するわけにもいかない場合があります。インテリアコーディネーターとして最終的に満足していただける仕事かどうかが重要

 

防災や造作家具についての知識も必要

インテリアコーディネーターというとおしゃれで洗練されたインテリアや照明、壁紙をセレクトするのが仕事のように思われていますが、実は防災や造作家具の知識も必要となります。家具を設置しようとした場合には部屋のスペースに対してどれくらいの大きさのものがベストなのか、どんなデザインならば実用性とおしゃれさを兼ね備えることができるかなど様々な観点から判断を迫られることになります

 

震災の時にがたつきのないような造作家具を設置したり

 

震災用に防災グッズを取り付けておくなど

 

おしゃれを優先させるのではなく、実用面からもきちんとしたアドバイスをすることが求められます。資格を取得して完了するのではなく勉強し続ける姿勢が大切なのは他の資格とインテリアコーディネーターとで違いはありません

 

インテリアコーディネーターになる方法

インテリアコーディネーターになる方法としては必ずしも資格が必要になる訳ではありません。例えば住宅メーカーなどに勤務し、その業務の中でコーディネーターとしての仕事を行っていくといった方法もあり、これも一つのインテリアコーディネーターになる方法と言えます。

しかし専門的にコーディネーターとして活動していく事を考えると、しっかりとした知識を身につける上でも資格などを取得しておく事は、仕事をしていく上で大きなメリットになると言えます

 

インテリアコーディネーター 資格取得する為の試験は毎年年に一回

 

インテリア産業協会の主催で実施されており、特に受験資格などは設けていない為、誰でも受験が可能です。試験内容はインテリアコーディネーターとして求められる知識を始め、技能などを測るものとなっています

資格を取得する方法としては
@通学

 

A通信講座

 

B独学

 

によるものとに分けられます

通学

 

インテリアコーディネーター 通学講座

インテリアコーディネーターの講義や実技などを盛り込んだ授業内容であり、学習をしていく上で最もイメージがつかみやすく資格取得を目指す

 

通学のメリットとしては

 

定時に授業が行われる為、勉強が捗りやすいといった点や、学校での授業である為、質問などはその場で聞く事が可能であるといった点であると言えます。

 

通信講座

 

学校まで通う時間が確保しづらいなどといった場合や、資格取得に費用を出来るだけ抑えたいといった場合には有効であると言えます。

 

独学

 

インテリアコーディネーター 独学

こちらも市販のインテリアコーディネーター資格取得のテキストなどが多く販売されており、費用を抑えて自分のペースで学習したい人に対応しています

 

資格取得の為にスクール・通信講座を探すには

スクールを探す方法は、色々あります。住んでいる場所の近くにスクールがあればそこを覗いてみるのもひとつの手段です。しかしインテリアコーディネーターの資格を取得することができるスクールはたくさんあります。その分、費用や勉強できる内容も様々なのでしっかりとスクールを吟味する必要があります。

 

インテリアコーディネーター 資格比較

そんな時におすすめなのが「ブラッシュUP学び」というサイト。このサイトではインテリアコーディネーターの資格を取得できる全国のスクール・通信講座等が紹介されており、気になったスクールの資料を無料で取り寄せることができます

 

せっかくお金を払って勉強するのですから、自分の目的にあったスクールや通信講座を選びましょう!

 

資格取得最初の一歩なら

インテリアコーディネーター 資料請求

 

インテリアコーディネーター講座の口コミ・評判

他の講座と色々と比較して費用面からここを選びました

 

インテリアコーディネーターの教材内容は市販されている参考書とさほど変わりはありませんが、ネットでの会員登録をしたことにより、外出先で時間が取れたときにさくっと勉強できたし、項目の管理がしっかりとできたことで、自発的に勉強を進められることができました

 

添削のほうも講師の方がしっかりと目を通したあとがわかるようなコメントやアドバイスがあったおかげで、挫折することなくスムーズに勉強を進めることができました

(26歳 女性 Kさん)

通信講座を選びました

 

資格を取るのにスクールに通うのが一番いいのはわかっているのですが、スクールに通って勉強するとなると最低でも30万円の費用がかかることを知りました。その費用が作れなかったため、分割支払いが1万円以下でできる通信講座を選びました

 

テキストの内容は市販されている教材よりも、用語が詳しく丁寧に書かれていたのでとても参考になりました。テキストでしっかりと勉強して、過去問を解くやり方をしたので、インテリアコーディネーターの1次試験に合格することができましたよ

(22歳 男性 Tさん)

単元の区切りが適切だった

 

仕事をしながら勉強をすることになり、スクールには通う時間がないということで市販されているテキストで勉強しようとしましたが、どこから手をつけたらいいかわからなくて断念

 

インテリアコーディネーターの通信講座でお世話になることにしました。テキストを見たら、写真や図、イラストを用いて最低限の情報でまとめられているため、時間が空いたときにさっと勉強することができました。単元の区切りが適切だったおかげで勉強を進める上でいいリズムを作ってもらい、はかどることができました。おかげで試験に合格できましたよ

(33歳 女性 Mさん)

ピンポイントでアドバイスをしてくれる

 

かねてより興味があったインテリアコーディネーターの勉強をしたいと思い、通信講座で勉強を始めることにしました。申し込んだあと送られてきたDVDやテキストが送られてきました。

 

その中に、勉強の進め方やスケジュールの目安なども教えてくれたおかげで、集中して勉強することができました。添削は講師の方が本当にしっかりと見てくれることがわかります。ピンポイントでアドバイスをしてくれます

(28歳 女性 Oさん)

 

インテリアコーディネーターの資格取得

試験

住宅などの建築業務にかかせないものの1つにインテリアコーディネーターがあります。インテリアコーディネーターになるためには資格取得をする必要がありますが、それには1次試験と2次試験をパスすることが必要になります

 

資格取得を行う場合には

 

テキストを購入して独学で学習をする方法もありますが、様々な企業から提供されている講座を利用して行う方が合格の確率を高めることができ、またゼロから始めたい場合などでは最適な方法となります

 

インテリアコーディネーター講座は様々な企業からそれぞれ独自の内容で提供されますが、必要になる金額にも幅があるために、申込をする場合には事前に内容も含めての検討が大切なことになり、この場合には一括で比較ができるブラッシュUP学びなどを活用することで知ることができるようになります。

 

ブラッシュUP学びの内容

インテリアコーディネーターの資格を取得する場合にはできるだけ資格の費用・料金を最安値で学習をすることができる講座を探すことが大切になります。探す場合には一括で比較できるサイトの活用が簡単に行うことができ便利な方法となりますが、中でもブラッシュUP学びは、分かりやすい内容になっているために、初めての場合でも比較がしやすいものとなっています

 

全国の地域を北海道から九州・沖縄まで全部で7つにわけ、それぞれの地域における講座の内容が詳細に記載がされています。そのために自分の住む場所でどこが資格の費用・料金を最安値で講座を受けることができるのかを簡単に確認することができるようになっています

 

比較をする場合のポイント

資格の費用

ブラッシュUP学びではインテリアコーディネーター資格の取得に関して、どの講座であれば資格の費用・料金を最安値で行うことができるのかが確認できるようになっていますが、ここでは他にも、学習に必要な標準期間や講座の特徴、講座の開催場所が記載してあり、費用面の他からも自分にあった講座を知ることができるようになっています

インテリアコーディネーターの資格取得に関しては

 

インテリアコーディネーター比較

例えば料金などの場合には4万円台から数十前での開きがあり、また期間においても、約1カ月から数カ月などと大きな幅があります。そのため比較をすることによって料金の差額や期間の違いに関しての内容を知ることができ、選ぶ場合の判断に利用することができるようになっています

 

資格取得最初の一歩なら

インテリアコーディネーター 資料請求

 

インテリアコーディネーターの難易度が知りたい

 

転職を有利にするために何か資格を取得したいという方にはインテリアコーディネーターの資格をおすすめします。インテリアコーディネーターは女性に人気があり、インテリアに詳しい方やオシャレな住空間を実現している方に適しています。

 

就職できる場所は

 

ハウスメーカー

注文住宅を建築するハウスメーカーやインテリア用品を扱う専門店、不動産会社や家具店など実に幅が広くなっており、自分が希望する働き方を選ぶことができます。

 

資格の難易度は比較的高い

試験を受ける決心をしたら集中的に勉強する必要があります。ただ実務経験をお持ちでない方でも受験することができるので、全く違う業界からの転職も可能です。通信講座でも勉強ができ人気の高い資格となっています。

 

インテリアコーディネーターの合格率

インテリアコーディネーターの資格試験は毎年十月頃に実施されており、受験資格などが問われないので多くの方が試験を受けています。独学で勉強して受験する方もいますが、確実に合格を目指すならインテリアの専門学校に通ったり通信講座を利用して必要な知識を身につけた方がいいでしょう。

インテリアコーディネーター試験の合格率は20%から25%の間で推移しているので単純に考えて四人に一人以下しか合格していないことになります

しかし試験前に万全の対策を行っておけば、全体の合格率は低くても自分自身が合格できる可能性は高くなります。インテリア業界で活躍できる人材になるための登竜門ですから、予想問題を多く解いて試験対策を講じておきましょう。

 

インテリアコーディネーターとして活躍

インテリアコーディネーターとはお客さんに対して快適な住環境を提案したり、オフィスやショップのインテリアを考える専門的な仕事です。

 

部屋の内装

 

家具の選び方

 

設置場所や方法

 

様々なアドバイスを行いますから豊富な知識が必要になります。これからマイホームを建築しようとしている方や新しくショップを開業する計画を立てている方にとって有益なアドバイスを行うことが求められるため責任は重大です。

 

それだけやりがいのある仕事でもあるので、日頃からインテリアに関心があって仕事につなげたいと思っていた方には天職となるでしょう。インテリアコーディネーターとして社会で活躍できるだけでなく、自宅のインテリアにも知識が活かせます

 

資格取得までの道のりとお給料

インテリアコーディネーター資格試験は、年齢、性別、経験、職業、学歴などによる取得制限がありません。インテリア産業協会が実施する資格試験に合格すれば、誰でもインテリアコーディネーターになることができます。

 

試験は年に一度行われ、日付の違う1次試験と2次試験が用意されています

平成26年度の合格率は、一次が29.7%、続く二次が63.2%、1次2次を合わせた合格率は24.5%と、比較的取りやすい資格であるといえます。

 

給料・年収

 

インテリアコーディネーター 給料

一般的に300万円〜500万円程が平均といわれていますが、勤め先の会社やサロンでの貢献度などにより、場合によってはインセンティブという形で別報酬を受け取ることもあります

 

フリーランスとして、高収入を目指す道も

フリーランス

実力をつけた後、フリーランスとして仕事をすれば、売上が直接自分のお給料に反映されるため、積極的に収入アップを目指すことも可能です。ですがフリーで働く以上は完全な成果主義あるいは実力主義となります。頑張ったぶんだけ収入アップを望める代わりに、仕事がうまく取れなければ収入ダウンというリスクも少なからずあります。

 

このためフリーで働くインテリアコーディネーターを目指すのであれば、営業力や経営力といった別の技能の獲得も重要となってきます。それらの技能を総合的に駆使し、クライアントの信頼と人気を得て、幅の広い人脈を形成していくことができれば、年収1,000万円も夢ではない資格となっています。

 

フリーランスなら仕事は多岐にわたる

インテリアコーディネーターの仕事は主にクライアントの要望に合わせ、知識と経験をもって室内空間を総合的に演出することです。ですがその能力を別のフィールドに活かし年収を上げることもできます。

 

例えば

 

ブログでインテリアコーディネートのアドバイスを掲載し、人気が出れば広告料を得ることも可能です。また教室を開いて生徒に教えることで授業料をとることもできます。独自の切り口を打ち出し、本を出版するなどの方法でもプラスアルファの年収アップが見込めます。会社で働くコーディネーターのインカムラインは会社一本ですが、フリーならインカムラインをアイディアの数だけ二本、三本と増やしていくことが可能となります。

 

インテリアコーディネーターの独立開業

近年、インテリアコーディネーターを目指す人が増えています。そのような人たちがまず最初に行わなければならないのは、なるための方法やその仕事内容です。それらが一体どういうものであるのかについて。おおまかなイメージを持っている人は結構いますが正確に把握している人はあまりいません。

 

何故かというと、必要な資格などは特に定められていないからです。決まった大学や専門学校卒業している必要もありませんし、求められる職務経歴も特にないです。しかし、取得することが必須ではありませんが、取得していおいた方が何かと有利であるといえる資格は存在します。それは「インテリアコーディネーター試験」の資格です。

 

独立前にインテリア業界で実績を積んだ方が良い

将来的にはインテリアコーディネーターとして独立したいと考えている人も多いことでしょう。しかし当然ですが、素人がいきなり開業することはできません。そのためには、まずインテリア業界の企業入って、インテリアを扱う仕事に携わる必要があります。

そこで多くの実績を積むことが大切なのです

そこで腕を磨いておけば自分のオフィスを持った時に効率的に仕事を行うことができます。また企業で働いているうちに人脈を築いておくことも可能です。これによって独立した後の顧客を確保しやすくなったり、商品を仕入れやすくなったりします。そのためには少なくとも三年間ぐらいは企業で実績を積んだ方が良い

 

インテリアコーディネーターとして開業するために必要なこと

リフォーム

近年、マイホームをリフォームしたいと考えている人が増えています。それに伴いインテリアを一新したいと考えてる人も増えており、インテリアコーディネーターの仕事が今後ますます増えると予想されています。そのため独立して独自のサービスを提供したいと考えているインテリアコーディネーターも多いでしょう。

 

開業するには

 

オフィスを借りたり、仕入れルートを確保する必要があります。また税務署や都道府県税事務所に開業届を出す必要もあります。その他にも、日々の会計処理を行う準備もしなければなりません。小規模なオフィスであれば自分で会計処理を行うことも可能ですが、手間を省きたいなら税理士に頼むのも有効な手段

 

インテリアコーディネーターを独学で勉強

インテリアコーディネーターと聞くと、スクールに通ったり通信講座を始めたりしなければならないのではと思う方もいるでしょうがそんなことはありません。他の資格同様、独学での勉強は可能です

 

インテリアコーディネーターの資格は3級から受験することができます。3級の受験に必要な条件などは特に定まっておらず、日本語が読み書きできるならば誰でも受験することが可能となっています

 

一次試験はインテリアコーディネーターとして必要な知識を試される学科試験で、マークシート式となっています。一次試験合格者で合格した年の翌年から3年以内であれば科目免除での一次試験が受けられます。この一次試験を通過したら二次試験を受ける資格を得られます。

 

独学で分からなくなるところ

3級試験の一次試験は独学で勉強しやすいものとなっていますが、二次試験はそれと打って変わって異なります。二次試験の内容は、論文・プレゼンテーションといった記述式のものだからです。

独学でやる場合この二次試験にしっかりと触れた書物が格段に減り、添削も自分でするのが困難なものとなっています

 

>>添削もしてくれる通信講座なら

 

論文はインテリアコーディネーターとして住まいのインテリアに関する課題を理解し、判断するといった内容となります。これを的確に文章にできるかと言うことが重要となります。出された課題の意味を理解することと、それについての解答を文章ですることは慣れが必要です。模範解答となる言い回しや表現方法などを身につけておきましょう。

二次試験で躓かないために

論文・プレゼンテーションは何度もやって模範解答のような自分の考えを述べなければならずかなり時間をとってしまいますが、そればかりに時間をかけているわけにもいきません。二次試験ではもうひとつ製図がついてきます

 

製図

製図と言っても描く図は一つではなく、着色などもしなければならないので、自分の思うものを的確に表現する技術が必要となってきます。製図の描き方は製図練習帳などで徹底的に練習をする必要があります。製図ツールはあらかじめ買っておかなければかけない様なものもありますので、道具が無いのであれば早めに買っておきましょう

 

過去問題集や初心者向けの製図対策本などをよく咀嚼し理解することが、合格する鍵となっています

 

資格取得最初の一歩なら

インテリアコーディネーター 資料請求