アロマテラピー 資格 費用

MENU

アロマテラピーの資格

香りの効果が注目されている昨今、アロマセラピストを目指す人が増えています。香りと癒しのスペシャリストとして仕事ができ、仕事にしなかったとしても暮らしにうるおいを与えることができる素晴らしい資格です。

 

海外ではアロマの取り扱いが医療レベルの国もあります。西洋医学で治らない病気に対してアロマの力を借りることが有るのです。日本でもその効能に注目していますが、まだまだリラックス効果やお楽しみという程度の認識が多いようです。

 

もちろん、ただ好みの香りを見つけたいという選び方も有ると思うのですが、それぞれが持つ効能を知ればもっともっと快適になったり身体の不調を改善することができます。後々教室をひらきたいとか、お花の先生をしている、エステや美容院で働いている人がダブルライセンスで持つ場合があるようです。

 

アロマテラピーの資格取得難易度・合格率

難易度と合格率ですが、どこの講座を受けて資格をとるかによって若干違いがあるようです。日本アロマ環境協会の行なっている「検定」は合格率9割というデータがありますが、そちらの「アロマセラピスト資格」となると3〜4割と差があります。受験資格はなく、香りに興味がある人ならどなたでも受けられます。その後とった資格をどう活かすかで講座を選ぶと良いと思います。

 

まずは無料の資料請求でより具体的なイメージを思い浮かべてみましょう!

 

まずは無料の資料請求

アロマテラピー 資格

 

アロマテラピーの通信講座口コミ

自宅で気軽に取れる資格であって、そして暮らしに役立つものとして、アロマテラピーに挑戦する人が増えています。
実際資格をとったあと、どんな風に活用しているのか?どんな勉強をしたのか?など体験者の声をお届けします。

 

  • 創芸グループ(日本園芸協会)のアロマテラピー講座

    ・勉強するなら専門性の高い教材でと思ってこちらを選びました。テキストに書かれている先生方も有名ですし、勉強中にわからなければ質問できるのが良いです。

  • JAA指定校 日本アロマコーディネータースクール

    ・家でアロマの香りを楽しみながら勉強できました。ハーブやオーガニックなど生活で取り入れやすいし、トピックも豊富で堅苦しい「勉強」という感じではないので取り組みやすかったです。気軽に始めたい人にはおすすめです。

  • ニチイの通信講座

    ・入門編から資格をとる講座まであります。入門編は初学者でも飽きないアニメと動画でわかりやすい解説、資格を目指し人むけの講座も充実してるので、ステップアップして行きたい人に向いてます!私は今ここでアロマテラピー1級までとったので、自宅でサロンを開くつもりで準備中です。

  • ユーキャンの通信講座

    ・有名なユーキャンで勉強しました!何が良かったかって、教材です!すごく充実してるので自分で買い足す必要がなかったです。精油はどこの通信講座でもキットになってると思うんですが、ユーキャンは石鹸作りに必要なものやポットまでも揃ってるんです!何も持ってない初心者でも届いたその日から勉強できます。私も興味はあっても材料を持ってなかったので、こちらにして良かったです。

アロマテラピーの仕事内容・給料・将来性は?

アロマテラピーを仕事としている人にその魅力を聞くと、色々な人との触れ合いで学ぶことが多い、人を癒す仕事なのに逆に癒されるといったことがよく聞かれます。
また、自分自身がアロマで体の不調を緩和できたりすると、それを人にもシェアできるのがやりがいにつながるのだそう。皆を笑顔にする素敵な仕事ですね。

 

ただ、アロマセラピストとして仕事をしていると時間が不規則になったり、残業が多かったりするようです。給料は年収300万円未満というデータがありますから、平均的なOLさんと同じくらいと考えておいたほうが良いでしょう。

 

給料以外にやりがいが大きかったりスキルアップができる職種だから続けている!という人が多いですね。またお花やクラフトの教室をしながらアロマの講座も開いたりと、今現在の収入アップに繋げる人も多いようです。

 

アロマテラピーの将来性ですが、現代社会が抱えているストレスや癒しを求める人々、海外での治療効果の実証などで今後はもっと日本にも入り込んでくる可能性が高いです。今はショッピングセンターの一角にあるリラクゼーション店でしか受けられない施術が、もっと身近になったり病院などで治療目的で受けられる日がくるかもしれません。そういう意味ではアロマテラピーの将来性は非常に高く、注目し続けたい業界ですね。

 

 

まずは無料の資料請求

アロマテラピー 資格