旅行業務取扱管理者 資格 費用

MENU

旅行業務取扱管理者の資格

旅行業務取扱管理者になるにはどうしたら良いのでしょうか?
こちらの資格はそれほど難易度が高くないので、働きながら何か資格を…という方にぴったりです。

 

たまに間違われるのが旅行業務取扱管理者と旅程管理主任者。前者は旅行業界唯一の国家資格で、この資格を持った人がいないと旅行代理店は開けないのです。
ちなみに後者は皆さんお馴染みのツアコンと呼ばれるものです。

 

まずは無料の資料請求

旅行業務取扱管理者 資格

 

旅行業務取扱管理者の試験難易度と合格率

旅行業務取扱管理者の資格には総合と国内とがあって、先に国内をとれば次に総合を受けるときに「旅行業法及びこれに基づく命令」及び「国内旅行実務」がパスできます。
試験の時期は毎年9月ころです。6割とれれば合格と言われていますが、甘く見ていればもちろん落ちてしまいます。
勉強期間は平均半年なので、その時間を無駄にしないように勉強しましょう。

 

旅行業務取扱管理者になれば、旅行業界では重宝されること間違いないので他業種から旅行業界に転職したい方や、旅行業界に入ってすぐに会社からとるように言われることもあるようです。試験を受けるのに年齢、学歴、実務経験などの制約がありませんからどなたでも受けられます。

 

独学で無駄に本などを読みあさって100点を目指すよりも、通信講座などで効率よく「合格点」を目指すのがオススメです。大手だと資格の大原やユーキャンの通信講座などがあります。

 

旅行業務取扱管理者の通信講座口コミ

旅行業務取扱管理者は通信講座で体系立てたカリキュラムを立てて、しっかり勉強しましょう!
多少のお金をかけても、それに見合うだけのカリキュラムが用意されています。先輩方の口コミをご紹介しますから、講座を選ぶ時の目安にしてくださいね。

 

  • LEC東京リーガルマインドの通信講座

    ここの特長はWebとDVDの講座があるということ。通学と通信の良いとこどりをした講座なのでここに決定。
    やっぱり目と耳からの情報はすぐ覚えられますね。

     

    女性の口コミ画像


  • 資格の大原の通信講座

    実は試験範囲がとっても広いんです、旅行業務取扱管理者って。私は国内をとったんですが、DVD通信講座にしました。
    価格は9万円前後でした。
    私の場合、結局その後総合もとることにしたのでさらに8万5千円かかりました。
    最初からW受験コースにすれば時間もお金も短縮できたと後悔…。Wコースなら15万円位でとれます。
    はじめによく考えて、国内でよいのか総合とダブル勉強してとるのか選ぶと良いと思います。

     

    女性の口コミ画像


  • ユーキャンの通信講座

    業界用語がわからない私でも受講できました。とってもシンプルな文章でわかりやすいです。
    通学の場合は先生を見て選びますよね?通信はやっぱりテキストなんだな!ってわかりました。

     

    女性の口コミ画像


旅行業務取扱管理者の仕事内容・給料・将来性

旅行業務取扱管理者になるとツアーの企画書を作ったり、お客様に代わって航空券の手配やホテルの予約をしたりと旅行に関わる業務ができるようになります。旅行代理店などでは必ず置かなくてはいけないので、この資格は取るように命じられることもあるようです。
就職前に持っていれば、旅行業界へ就職希望の場合に大変有利になります。

 

男性、女性問わず人気の資格で国家資格になりますから、とればずっとそれを活かして働けるのが魅力ですね。
給料ですが月給は20万円から25万円程度のようです。普通のサラリーマン、OLと同じくらいで決して高給とは言えませんが、この資格をもっていると手当てが毎月1万円程支給されるのが一般的です。
お金をかけて資格をとっても、1年働く前には講座料金の元がとれるということになりますし、その後もずっとこの手当がつくことを考えると資格はとっておくべきでしょう。
また、仕事とはいえ自分も様々な地域、国へ行く機会がありますので華やかな仕事とも言えます。

 

高齢社会と言われていますが、最近は若者よりも高齢者のほうがお金を持っていて旅行会社の顧客になってくれることが多いです。
定年した人がどんどん旅行に行ってくれることを考えると将来性のある仕事と言えそうです。

 

まずは無料の資料請求

旅行業務取扱管理者 資格