保育士 資格 費用

MENU

保育士の資格

保育士の資格があると、子どもの成長に関わるという、とてもやりがいのある仕事に携わることができるようになります。最近新聞などでも大きく取り上げられている「待機児童」の問題もありますし、これから幼稚園と保育所の機能を両方持ち合わせる施設ができるとなると、保育士の仕事の将来性はかなり高いと言えるでしょう。

 

実際に求人は春からが一番多いのですが、保育所は子どもの人数によって保育士の数が決まるので、年度途中でも募集があります。

 

保育士の資格難易度と合格率

保育士になるには養成校を出るか通信教育などで勉強して、国家試験に合格しなくてはなりません。1年に1回試験が行われていて、筆記と実技があります。専門的な資格ですので、覚えることは山ほどあります。

 

すべてを覚えようとするのはなかなか難しいので、試験に出やすいポイントや現場で必要なこと、技術をきちんと身に付けることのほうが大事なのです。学校に通う時間のない人には通信講座で保育士資格取得を目指すと思います。最近は過去問などから分析した優秀な教材が各社から出回っていますので心強いですね。

 

筆記試験はマークシート形式で、一科目60%以上とれれば合格となります。保育士試験の難易度は決して低くはありませんが、真剣に勉強すれば合格できるといったところでしょうか。他の資格などと比較すると真ん中くらいの難易度で、合格率は11〜14%となっています。この数字だけ見ると怖気づきそうですが…。

 

実は、保育士は合格した科目についてはその年を含めて3年間免除になりますから、翌年以降は合格出来なかった科目に絞って勉強して何回かに分けて合格する、という手もあるのです。時間をかけてマイペースにやっていきたい人にも、苦手科目がある人にも助かる制度ですね。合格までのプランは、資料請求で実際に通信講座の内容を見てみると具体的にわかるかと思います。無料ですので、頼むだけなら損はしません。

 

保育士の無料資料請求

保育士 資格

 

保育士の通信講座口コミ

子供の頃から憧れの仕事、保育士!今から目指そうという方のために、通信講座で保育士資格をとった方の口コミをご紹介します。夢に向かってあきらめないで!

 

  • 安さで選ぶならユーキャン

    迷わず通信講座にしました。主婦で我が子を育てて小学生になり保育士になろうと決めたので、専門学校や大学は無理だと思ったので…。有名なユーキャンに申し込みました。
    理由はズバリ価格です。
    現在専業主婦なので、先行投資は少なくしたい。勉強する強い気持ちがあれば教材はそんなに差はないだろうと思いましたし。実際テキストはとってもまとまっていました。イラストなども入っていて勉強がはかどりましたし、これから目指す職業もイメージできました。

     

    女性の口コミ画像


  • サポート力のヒューマンアカデミー

    ヒューマンアカデミーの「たのまな」で勉強して保育士に合格しました。はじめて教材見たときはその多さにクラリときましたが、レジュメがあるので効率よく勉強できました。
    あと、ここの強みは徹底的なサポート!標準は12ヶ月なんですが、24ヶ月までサポートしてくれるのです。
    保育士は全教科受かるまで3年挑戦できるから、時間がない人もマイペースに頑張って欲しいと思います。私も初年度は一科目だけ落としてしまいましたが、翌年合格しました!

     

    女性の口コミ画像


  • 保育士の仕事内容・給料・将来性

保育士の仕事内容は、ただ子どもと遊ぶだけではありません。保育所や託児所以外にも児童福祉施設、病院内など活躍の場がたくさんあります。家庭に代わって保育、教育をする場ですので、生活面の援助や心身の発達を促すことを遊びを通して実践していきます。

 

もちろん子どもの安全や健康を第一にしなくてはいけないので、小児保健の知識も必要です。また、保護者の相談にのることも大事な仕事になります。幅広い知識と協調性、判断力を持ち合わせた人が最適でしょう。

 

給料は公立の保育所は安定している傾向があります。私立でも初年度は公立同様にもらえるところが多いですが、やはり公立に勤めれば公務員、私立は個人経営となりますので安定性は公立と言わざるをえないでしょう。他の施設の例を挙げると、24時間シフト制の託児所などは給料は良い傾向があります。

 

 

保育士の無料資料請求