ネイル 資格の費用を安く

MENU

ネイルの資格を費用安く取りたいのなら

ネイル資格画像

ここ数年で人気が急上昇しているネイリストのお仕事ですが、ネイリストとして就職するためにはネイル検定の資格を取得しておいた方が断然有利になります。

 

ではネイルの資格取得する方法にはどのような方法があるのでしょうか?

 

専門学校に通う

 

ネイルの資格を取得する方法として最もスタンダードなものが専門学校に通うという方法です。専門学校にはネイルに関する知識や技術について丁寧に教えてくれる講師が在籍しており、これまでネイルに触れたことがないという方でも一からネイルについて学ぶことができます。

 

また多くの専門学校ではネイリスト技能検定試験対策はもちろんのこと、サロン就職後の接客方法や開業に関するアドバイス等も行っています。そのため資格を取ってすぐに自宅サロン等を開業したいという方は、専門学校に通学することをおすすめします。

 

通信講座を利用する

 

最近人気が急上昇しているのが、通信講座で勉強をしてネイルの資格を取得するという方法です。通信講座最大のメリットは、やはり費用を安く抑えることができるという点です。場合によっては専門学校に通う場合の3分の1から半分程度の料金でネイルの資格取得のための勉強をすることができるのです。

 

また通信講座では、自分の好きな時間にマイペースで学習を進めることができます。そのため、費用面の問題で専門学校に通うことができないという方はもちろんのこと、お子様がまだ小さいため家を空けることができない方や働きながらネイルの資格を取得したいという方にも、通信講座はおすすめなんです。

 

独学

 

ネイルの資格は専門学校を卒業していなければ受験することができないといったものではないため、独学によってネイルの資格を取得することも可能ではあります。
この場合は、書店やインターネットでいわゆる「How to本」を購入し、それを参考にしつつ独学でネイルの資格取得のために必要な知識や技術を身に着けていくことになります。

 

もちろん独学で資格を取得することも不可能ではありませんが、やはり自分だけではなかなか技術を身に着けることができないため、専門学校に通ったり通信講座を利用したりする場合と比べると、資格取得までには時間がかかってしまいます。ただできるだけお金をかけないで資格を取得したいという方の中には、この独学の道を選ばれる方も多いようです。

 

ネイル資格 おすすめは通信講座!

どなたでもネイルの資格取得を目指せるのと、料金も比較的安いという面を考えると、おすすめなのは通信講座での資格取得です。ですがネイル 資格の通信講座はたくさんあって、どれを選べば良いのか・お得なのか悩んでしまうことかと思います。

 

ネイルの資格を費用安く

そこで資格講座の一括資料請求ができるビューティー資格ナビを紹介します!
ネイルスクールラボでは、全国の資格講座資料を一括で請求することができます。比較も一目でできるから、どこを選べば最安値になるかなども簡単にわかっちゃいます♪

 

ネイルの資格取得にかかる費用は?

ネイルの資格取得にかかる費用

ネイリストになるためには、ネイリスト技能検定試験やJNAジェルネイル技能検定試験といった資格を取得する必要があります。そんなネイルの資格を取得するにあたって、不安な要素として浮かぶのが費用なのではないでしょうか。資格を取得するためにはどのくらいの費用がかかるのかということです。

 

特に働きながらネイルの資格を取得したいという場合や、子育てをしながらネイルの資格を取得したいという場合、資格取得のための勉強にそこまでたくさんの費用を費やすことはできないという方がほとんどかと思います。

 

まずネイルの資格を取得するためには一体どのくらいの費用がかかるのでしょうか。

ネイルの資格を取得するためにかかる費用は、専門学校に行くのか通信講座を利用するのかによって大きく変わってきます。ビューティー資格ナビで確認して資料請求してみると分かりやすいかと思います。

 

ネイル資格 資料請求

 

 

専門学校に通学する場合

 

ネイルの資格を取得するためには平均して100万円程度の費用がかかります。通学の場合は講師が直接指導をすることになるため、どうしても授業料等が高くなってしまうのです。

 

通信講座を利用する場合は

 

およそ10万円〜30万円程度の費用がかかります。ネイリスト技能検定試験2級取得までの学習の場合は10万円程度ですが、1ヶ月に何度か実際に教室を訪れて学習の進歩具合を見てもらうことができたり、ネイリスト技能検定試験1級取得のための学習もできたりするようなコースに申込んだ場合には、30万円程度の費用がかかってくるようです。

 

最安値でネイルの資格を取得する方法

通信講座をうまく利用すれば、ネイルスクールに通学するよりもかなりリーズナブルにネイルの資格を取得することが可能です。ですが、そうはいっても数十万円の授業料を用意するのはなかなか大変ですよね。できることならば最安値でネイルの資格を取得したい、と考える方も多いかと思います。

 

そういった方はぜひビューティー資格ナビというサイトをおすすめ

 

ビューティー資格ナビでは、ネイルスクールや通信講座に関する資料を一括請求することができます。もちろんその資料には各スクールの授業料が掲載されていますので、最も授業料が安い講座をセレクトし、リーズナブルにネイルの資格を取得することができるというわけです。

 

ネイルに関する勉強は道具を揃えるだけでもある程度の費用がかかってきますので、資格取得のための授業料に関しては「ビューティー資格ナビ」を利用することで少しでも安く抑えることをおすすめします。

 

資料請求で安い講座を見つける

ネイル 資料請求

 

 

ネイリストは儲からない!?

皆様の中には「ネイリストでは食べていけない」とか「ネイルサロンを開業しても儲からない」といった話を聞いたことがある方も多いかと思います。では、実際のところはどうなのでしょうか?ネイリストは儲からないのでしょうか?

 

答えは「NO」です。

 

もちろん、サロンに就職したばかりの頃やパートとして雇用されているネイリストの給料は決して高いとは言えません。また開業したとしても、ある程度固定客がつくまでの間は食べていくことはできても、大きな儲けが出るところまではいかない、というのも本当のところでしょう。

 

しかしネイリストという仕事は、キャリアを重ね、指名が増えていくにつれてお給料もどんどん上がっていく仕事でもあります。ネイリストとしての収入は、自分の努力とやる気次第でどうにでもすることができるのです。

 

ネイリストの収入

ネイリストの収入は?

そんなネイリストというお仕事ですが、サロンに就職した場合にはどのくらいのお給料をもらうことができるのでしょうか。実はネイリストとしての収入は、パートタイマーとして雇用されるのか、正社員として雇用されるのかによって大きく変わってきます。

 

パートタイマーとして雇用される場合

中途採用の場合は別として、ネイルスクールを卒業してすぐという人の場合、通常は正社員ではなくパートタイマーとして雇用されることが多いようです。ネイルサロンにもよりますが、3ヶ月から半年程度はパートタイマーとして働き、その中で接客や技術等を磨いていったうえで正社員として雇用されるというわけです。

 

そしてこの場合のお給料は、大体時給800円〜1,200円が相場となっています。サロンの規模や経営状態によっても変わってきますが、普通のアルバイトよりは少し時給がいいかなくらいに考えておくといいでしょう。

 

正社員として雇用される場合

正社員としてサロンに雇用された場合、月収は15万円から20万円程度のところが多いようです。年収に換算すると、300万程度といったところでしょうか。

 

これだけを聞くとなんだか少ないようにも思えますが、サロンによっては指名一人につき○○円というようにプラスαで報酬をもらうことができたり、ある程度の期間雇用された後は完全歩合制に切り替えて“努力と実力次第でいくらでも収入を増やすことができる”システムを採用していたりするサロンもあります。

 

ネイルサロンに就職する際には、そのサロンの給与体系や雇用形態についてもよく確認しておきましょう。

 

ネイルの資格取得は通信制と通学制、どちらがいい?

ネイルの資格を取得するには、試験に合格するための知識や技術を学ばなければなりません。

ではネイルの資格取得には

  • 通信制
  • 通学制

どちらがいいのでしょうか

ここでは、それぞれのメリット・デメリットについてご紹介させていただきます。

 

通学制のメリット・デメリット

まずはネイルスクールや専門学校のネイル科などに通学して資格取得のための勉強をする場合についてです。

 

スクールに通学するメリット

 

やはり講師から直接技術の指導を受けられるという点が挙げられます。通信制の場合にはDVD等の映像を見ながら技術の習得をするしかありませんが、スクールでは細かい部分についてその都度講師に質問をし、実際の施術風景を見ながら技術を身に着けることができるのです。

 

またサロンを併設しているスクールに通学する場合、授業の一環としてサロンワークのデモをさせてもらえることもあります。

 

 

スクールに通学するデメリット

 

通信制に比べて授業料が高いという点が挙げられます。スクールによっても異なりますが、ネイリスト技能検定試験2級に合格するまでには、約100万円程度の費用がかかる場合もあるようです。

 

 

通信制のメリット・デメリット

通信講座のメリット

 

授業料がかなりリーズナブルであるという点が挙げられます。スクールに通う場合には100万円程度の費用がかかるというお話をしましたが、通信講座の場合は15万円程度でネイリスト技能検定試験2級を取得することができるのです。また通信講座には、空いた時間に自分のペースで学習を進めることができるというメリットもあります。

 

通信講座のデメリット

 

講師に直接質問をしたり、実際の施術風景を見たりすることができないという点が挙げられます。ただし最近の通信講座には定期的に講師の添削を受けられるサービスが提供されているものありますので、こういったサービスを利用することによってこれらのデメリットを解消することは可能です。

 

さらに通信講座最大の問題は、なんといってもモチベーションの維持でしょう。絶対に資格をとる!という意気込みをいかに継続できるかが、そのまま資格取得に繋がるのです。

 

 

 

以上のように、通学制と通信制にはそれぞれにメリット・デメリットがあります。そのためどちらの方がより優れているということを一概にいうことはできませんが、できるだけ費用をかけないで資格を取得したい方や自分のペースで学習を進めたいという方には、通信講座を利用されることをおすすめします。

 

ネイル資格を独学で勉強する場合

ネイル資格を独学で勉強

ネイルの資格を取得する方法には、ネイルスクールに通ったり通信講座を受講したりするほかに、「独学」という方法があります。ではネイルの資格を独学で勉強することにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

 

独学のメリット

安く資格を取得することができるという点が挙げられます。

 

通常、ネイルスクールに通う場合には100万円程度の授業料がかかりますし、安いといわれている通信講座を利用する場合でも、最低10万円程度の受講料が必要となります。

 

これに対して独学で勉強をする場合、資格取得のために必要な道具と参考書さえ揃えればいいため、ネットショップ等をうまく利用すれば2〜3万円でネイルの資格を取得することができるのです。

 

独学のデメリット

技術の習得に時間がかかるという点が挙げられます。

 

検定試験を受ける受験生の多くが苦労をするのは、筆記試験ではなくて実技試験です。この点、スクールに通う場合には講師から直接技術に関する指導を受けることができますし、通信講座を受講する場合にもDVDの映像を見たり定期的に添削をしてもらったりすることによって効率よく合格に必要な技術を身に着けることができます。ですが独学の場合はそういうわけにはいきません。

 

参考書を片手に自力で技術を身に着けていくしかないため、どうしても試験に合格するだけの技術を習得するのに時間がかかってしまうのです。

 

また独学の場合には、何か疑問点が生じたとき講師に質問するということができません。そのためわからないことをわからないままにしてしまい、結果として試験に落ちてしまうということもあります。

 

さらにスクールや通信講座の場合には、開業のサポートをしてもらったり仕入れ先を紹介してもらったりすることもできますが、独学でネイルの勉強をする場合にはそういったこともできません。独学で資格取得後にサロンを開業する場合には、今度は自力で仕入れ先を探したり、経営について学んだりしなければならないのです

 

独学でネイルの資格を取得することは不可能ではありませんが、様々なデメリットが存在します。資格取得に時間をかけず、早くネイリストとしてのキャリアを磨きたいのであれば、スクールに通うか、通信講座を利用されることをおすすめします。

 

資料請求で安い講座を見つける

ネイル 資料請求

 

ネイリスト検定について

ネイリスト検定

JNA(日本ネイリスト協会)では、ネイルサロンにおけるサービスにおいて必要な知識や技術の習得を目的として、ネイリスト技能検定試験を実施しています。

 

このネイリスト技能検定試験は「JNA検定」と呼ばれたり「JNEC検定」と呼ばれたりしますが、JNAとは日本ネイリスト協会のことを、JNECとは国際的に通用するネイリストの育成を目指して設立された、日本ネイリスト検定試験センターのことをいいます。

 

JNA主催のネイリスト技能検定試験ってどんな試験?

ネイリスト技能検定試験3級の試験内容

 

実際の試験内容についてですが、まず3級の試験では実技試験と筆記試験が行われます。

 

筆記試験ではネイルの施術をするものとして最低限必要とされる知識が問われます。実技試験では、テーブルセッティングや消毒管理、両手10本のネイルケアとカラーリング、右手中指へのネイルアートをし、この一連の施術が審査されます。

 

ネイリスト技能検定試験2級の試験内容

 

2級の試験では、基本のネイルケアに加えてチップ&ラップやカラーリング、ネイルアートをしていくことになります。3級の場合とは異なり施術の指は毎回パターンが変化しますし、ネイルアートのテーマも毎年変わります。

 

ユーキャンのネイリスト講座

ネイルの資格取得を目指す方々に人気の通信講座として、ユーキャンのネイリスト講座があります。ユーキャンのネイリスト講座ではネイリスト技能検定試験2級・3級合格のための知識や技術はもちろん、ここ数年で取得が必須となりつつあるジェルネイル技能検定初級合格のための勉強もすることができます。

 

このネイリスト講座は受講料も比較的お安く、ネイルを学習するために必要な用具がセットになっているコースは120,600円で、自分で用具を揃えるコースではなんと47,000円で受講することが可能です。スクールに通うとなると100万円程度の費用がかかるところ、これだけ安く通うことができるというのはとても嬉しいですよね。

 

ただし、ユーキャンの通信講座にもデメリットはあります。それは、スクールに通う場合と比べて技術の習得に苦労することがあるという点です。
3級の試験であれば甘皮等にポリッシュを付着させないようにカラーリングしていく必要がありますし、2級の試験では綺麗に、そして段差なくチップ&ラップの施術をしなければなりません。

 

通信講座ではこういった技術の習得をDVDや教材に頼ってしなければなりませんので、試験に合格できるだけの技術を身に着けるのに、多少苦労する場合があるのです

 

キャリアカレッジジャパンの通信講座

ネイリスト技能検定試験に合格するためにおすすめな講座としては、キャリアカレッジジャパンの通信講座があります。

 

キャリアカレッジジャパンには「プロフェッショナルネイリストコース」「ジェルネイル技能検定初級コース」「ネイリスト技能検定1級コース」の3コースが用意されており、それぞれのニーズに合わせて好みのコースをセレクトすることができます。受講料もかなりリーズナブルで、ネイリスト技能検定試験2級までに対応している「プロフェッショナルネイリストコース」であれば、なんと76,000円で受講することが可能です。

 

ただしこれらはあくまでも通信講座であるため、技術面の学習をする際には多少の不便を感じることもあります。もちろんDVD等の映像から施術風景を見ることはできるのですが、いかんせん“映像”でしかないため、多くの受験生がつまずきやすいポイントでもあるチップ&ラップの過程等は、マスターするのに多少苦労することも考えられます。

 

しかしキャリアカレッジジャパンの講座には添削指導サービスもついておりますので、そういったサービスをうまく活用することによって技術を習得することは可能となっています。

 

JNECネイリスト検定試験の内容

これからJNECネイリスト検定試験のための勉強を始められる方にとって、実際の試験内容がどのようなものなのかということは非常に興味深い点だと思います。
そこでJNECネイリスト検定試験の内容についてご紹介したいと思います。

 

JNECネイリスト検定試験3級

 

JNECネイリスト検定試験3級の試験内容は、マーク式の筆記試験と実技試験が行われます。
気になる実技試験ではまず、テーブルセッティングと消毒管理、そしてモデルの爪の状態のチェックを10分以内に行います。その後、両手10本のネイルケアをし、赤色のポリッシュで両手10本にカラーリングをしていきます。また右手の中指には、フラワーアートもしなければなりません。そしてネイルケアからアートまでの施術にかかる時間は、30分以内におさめる必要があります。

 

 

JNECネイリスト検定試験2級

 

2級の試験でも、3級の試験と同じようにマーク式の筆記試験と実技試験が行われます。実技試験では、3級の試験と同じように事前準備を10分で済ませた後、35分以内にネイルケアを行います。そして第2課題では、チップ&ラップを行ったうえでカラーリングをし、指定されたテーマに沿ったアートを施します。

 

ちなみに施術をする指は毎回パターンが変更しますので、どの指を指定されたとしてもバランスよくアートをすることができるようにトレーニングしておく必要があります。

 

試験勉強でつまずきやすいポイント

検定試験では実技試験が行われますので、合格できるだけの技術をしっかりと見につけておく必要があります。特に毎年多くの受験生が涙をのむのが、チップ&ラップの過程です。ストレスポイントをしっかりと接着できていなかったり、ラップ剤を綺麗に密着させることができなかったりというように、この過程がうまくいかなくて試験に落ちてしまう方が沢山いるのです。

 

そこで通信講座を利用して試験勉強をする場合には、添削サービスや質問サービス等をうまく利用して、この過程を重点的にトレーニングしておくことをおすすめします。

 

また意外と見落としがちなのが「制限時間」で、制限時間内に施術を完了することができず試験に落ちてしまう方もいます。そこで試験勉強をする際には、実際の試験を想定したデモンストレーションを何度かし、時間配分をしっかりと体に覚えこませておくことをおすすめします。