中小企業診断士 資格 費用

MENU

中小企業診断士の資格

中小企業診断士は経営コンサルティング業務を専門とする日本唯一の国家資格で、中小企業の経営課題に対応するための診断や助言を行う経営のプロフェッショナルです。
中小企業診断士の業務内容からも予想できますが、男性で30代〜40代くらいのビジネスの中枢で働いている人中心の職業・資格といえます。

 

まずは無料の資料請求

中小企業診断士 資格

 

中小企業診断士の資格取得難易度・合格率

中小企業診断士は国家資格の中でも超難関といわれている国家試験で、毎年1回行われる国家試験には、毎年2万人前後の受験者がいます。
近年は中小企業診断士のニーズが高まっており、中小企業診断士試験の受験者数も毎年少しずつ増えています。
しかし、試験合格率にはそれほど影響はないようです。 中小企業診断士試験の合格率をみると、その年によって違いはありますが、1次試験の合格率は15%〜23%程度です。
難易度はかなり高い国家試験になります。

 

1次試験に合格した人が受験できる2次試験の合格率は、毎年20%前後となっています。1次試験と2次試験をストレートでパスできる合格率は、わずか3%〜4%です。
中小企業診断士の試験は、1次試験に合格し、2次試験で不合格だった場合、翌年は1次試験が免除される措置があるのです。
1次試験の7科目でも、点数が良かった科目は翌年には試験が免除になるため、数年計画で合格を狙う人も少なくないようです。

 

近年のコンピュータ犯罪を取り締まる警視庁特別捜査官になるためには、情報部門を専門分野としている中小企業診断士のニーズも高まっているのです。
ニーズが高まって合格率もアップするわけではありません。ニーズが高まれば高まるほど、受験者数が増えていくのは確実です。
まずは無料資料請求で合格へのプランを立ててみてはいかがでしょうか。

 

中小企業診断士の通信講座口コミ

中小企業診断士の資格を取得するためには当然勉強が必要です。
資格の学校では資格取得のために必要な分野が専門に学べ、特に人気が高いです。中小企業診断士も同じで人気があります。
講師は現役の中小企業診断士が行ったりします。

 

学校で学ぶのが最善かも知れませんが、学校へ通う費用は入学金・授業料・レジュメ代など、決して簡単に出せるような金額ではありません。
そして時間も、会社に行きながらでは平日夕方以降、そして土日祝と生徒が集中する時間しか講義を受けることが出来ず、予約しても受けられない事があります。ですので中小企業診断士の資格を得るために勉強をしたいという人には、通信講座をおすすめします。

 

「合格率が高い!」と評判の通信講座は、業界最大手だから出来る合格へのサポートも充実しています。やはり通信講座は大手の方がサポートや教材も充実しているようです。
卒業者の合格実績も十分ありますので、本当に合格できるか不安の方にもオススメです。中には一発合格に成功した方もいます。

 

通信講座のユーキャンは、受講生の負担を軽減するために「出る問題」に的を絞った教材が魅力です。学費も手頃で、わかりやすい個別指導も受けられます。「中小企業診断士」講座なら、経営コンサルタントとして独立・開業を目指したい方を強力にサポートできます。
教材も過去の出題傾向を踏まえ、学ぶべきところが効率よく収められています。合格に直結するカリキュラムで、現在就職中の方でも効率的に学習することが可能です。

 

中小企業診断士の仕事内容・給料・将来性

国から認められている国家資格のひとつ、中小企業診断士を一言で表すと「経営コンサルタント」です。
企業の売上アップ、コスト削減、利益の上昇などをサポートする役割を担っており、中小企業が自社の経営を改善するため、診断士を雇っているケースもあります。

 

企業からの依頼に応じて経営診断を行い、安定した経営ができるように助言・支援を行い、経営資料の分析や競合他社などのマーケットリサーチ、現場に出向いての実地調査、経営に関する情報を集め、それらの結果から経営改善のための報告書を作成します。
業務においては人と人とのつながりが重要になる職業で、コミュニケーション能力の高い人に向いている職業でしょう。

 

全国には160万以上の会社が存在し、そのうち9割は中小企業で占められています。しかし中小企業診断士の数はわずか18,000名で、慢性的な人材不足のため貴重な人材として扱われています。

 

中小企業診断士の取得者の7割は、主に企業内で働いています。ですので収入は勤務している会社次第となります。独立開業した場合は平均で年収600万前後、開業診断士の4割が年収1,000万円以上とのデータもあります。有名コンサルタントになれば、数千万円の年収を得ることも可能です。

 

中小企業診断士として独立し年収1,000万円以上になればよいですが、経営がうまくいかずに廃業する事も珍しくありません。年代的には、男性で30代〜40代くらいのビジネスの中枢で働いている人が多いです。

 

まずは無料の資料請求

中小企業診断士 資格